科学技術進化のターボは戦争

 県立医科大付属病院は近く、泌尿器や消化器系のがん治療のレベルアップへ、最新のロボット支援手術システム「ダヴィンチ」を導入する。開腹せず内視鏡等を挿入して行う腹腔鏡手術の進化型で、医師はモニターを見ながら指先に装着したコントローラーを動かし、患者の体内の鉗子(かんし)を遠隔操作。細かな血管や神経に電気メスが届き、アーム先端の鉗子が人の手や指では不可能な動きをみせる。
 まるでSF映画のイメージだが、県立医大は整形外科分野でも椎間板ヘルニアなどの脊椎内視鏡手術で日本の医療のリードしている。従来は不可能といわれた80代以上の高齢者も安全に手術でき、傷跡が小さく、筋肉も傷つけないため回復が早く、吉田宗人教授は「麻酔ができる人なら100歳でも可能」と胸を張る。
 がん治療に威力が期待されるロボット支援手術も、元は軍事面での研究がスタート。反戦世論を抑えたいアメリカ政府は兵士の戦死をなくすため、無人の偵察機や戦闘機を開発し、その延長で現在は衛星を経由してアメリカ本土で操作し、何万㌔も離れた外国のテロリストを攻撃できるようになった。ダヴィンチも、異国で傷ついた兵士を遠隔治療する目的で開発されたという。
 そういう意味では、昭和の日本軍は兵士や国民の命をまったく考えていなかったが、人類史を振り返ると、戦争のたびに医療と科学技術が進化してきたのも事実。GPSやインターネット、原発はいうに及ばず、ホッチキス、殺虫剤、レトルト食品なども軍事利用の転用。いま、私たちの快適な生活は、命を奪うための研究によってもたらされたものも少なくない。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る