日ごろの健康管理は大丈夫?

 毎年夏に行う健康診断。過去にこれといった悪いところもなかったが、ことしの結果によると肝機能が少々弱っているようだ。なんだかよく分からないが「GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)」という酵素の量が血液中に多いらしい。肝臓ではこの酵素がつくられて食べ物を分解してくれるが、肝臓が損傷を受けていると、そこから酵素が血液中に流れ出し、GOTの数値が上がるそうだ。
 主にアルコールの摂取や喫煙が原因で、肉など脂肪分の摂り過ぎ、甘いものの食べ過ぎ、薬の服用などでも肝臓が傷つく。これがひどくなると肝硬変や肝臓ガンにつながる。筆者も原因に思い当たる節が多々あり、アルコールやたばこをやめるところまでするつもりはないが、少しずつでも食事を改善して沈黙の臓器をいたわろうと思う。
 インターネットで調べると、肝臓にいい食事はタウリンが含まれたカキやシジミ、良質なタンパク質が豊富な牛乳、抗酸化作用の成分があるゴマ、ビタミンを多く含むニンニクなど。あとはイカやエビ、海藻や野菜もいい。逆に脂肪となる肉や揚げ物などは控えた方がいいが、これらも全く食べないと今度は別の栄養素が体に不足するため、結局のところ何でもバランスよく食べるのがよさそうである。あと、筆者は普段食べ過ぎに気を使っている反動か、休日前の夜間にドカ食いすることがあり、これも肝臓に大きな負担となるそうだ。
 それにしても30代後半、アラフォーにもなってくると、「体に少しずつがたが出てくるものだなぁ~」としみじみ。同世代の読者も油断することなかれ、日ごろの健康管理に十分注意しよう     (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. これで気分も明るくなれば

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る