水際地雷訓練 反対派団体が美浜町と交渉

 陸上自衛隊和歌山駐屯地・第304水際障害中隊の煙樹ケ浜での水際地雷(障害)敷設訓練に反対している美浜町軍事パレード・水際地雷訓練反対連絡会は9日、美浜町と駐屯地との間で結ばれた協定書の内容等に関して、町との交渉を行った。
 連絡会は先月20日、訓練で自衛隊のブルドーザーが海岸の形状を変えるような自然破壊を行っていることに対する町としての考え、前の町長が模擬訓練の内容以外は実施しないことを協定書に明記すると約束した内容などの説明を森下誠史町長あてに要望。その回答をもらう場となった今回の交渉に森下町長は出席しなかったが、上田収司副町長らが対応した。
 連絡会は交渉終了後に記者会見を行い、海岸の形状変化は「自然公園を守るということに、町はできる範囲のことをやっていく」、前町長の議会答弁は「協定には『自衛隊が町の意見を踏まえて年間訓練計画を作り、事前に関係者に通知する』という条文があり、これが約束事に代わるものと考えている」などと回答があったと報告。訓練の実施内容については連絡会側が「協定の条文は町の意見を踏まえるというが、町の考えとは違う訓練計画が作られる可能性もある。今後、ヘリコプターによる模擬地雷投下などが心配されるが、もしそのような訓練が計画された場合はどうするのか」と問うと、町は「町としては認めないし、実施させない」と答えたという。
 今回の交渉について連絡会は「訓練の監視体制も協定内容も不十分といわざるを得ない。私たち以外の一般の町民も関心を高め、町がいうように本当に模擬訓練以外のことが行われないよう、監視していく必要がある」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る