国民の声大事にする国

 編集部に「デンマークに行ったことがある読者」から手紙が届いた。その読者によると、デンマークは「消費税25%ですが、それらは教育(大学まで無料)、福祉、医療(無料で受診)につぎこまれ、原子力発電所は国民投票の結果、建設ゼロ。国内の電力は風力、地熱など自然エネルギーでまかない、森と湖、お城などに囲まれた、おとぎの国のようなところ」(一部中略)とある。5年前、筆者も訪問したが、一部を除きその通りの国だ。
 現地でお城に行った時、ガスバーナーを持った人がいて「農薬はよくないので雑草を焼いている」との話だった。森林を国策で増やしていく計画もあり、国を挙げて環境問題に取り組んでいるのが伝わってきた。その他、同一労働、同一賃金。福祉はほぼ前出通り。ただ、税金と物価はかなり高い。車を買うと200%ほど税金がかかると聞かされた。
 税金も物価も高い国だが、国民の生活満足度は世界トップクラス。政治に国民の意思が反映されているからだと教えてもらった。国政選挙の投票率は90%近く(平成17年小泉郵政選挙で約68%)もあり、国民の政治に対する関心は非常に高い。「行政への苦情、意見もかなり多い」と市役所職員が苦笑いしていたのを思い出す。
 原発、消費税増税、社会保障問題が山積する日本。いまの政治には「満足度」どころか「不満度」の方がはるかに高い。政局ばかりの政治のニュースと1通の手紙から、あらためて日本人ももっと政治に関心を持って行政に参加(選挙に行く)すべきと思い起こさせられた。次の選挙では今度こそ、約束を守る政治家を選び、満足度の高い国、「国民の声を大事にする国」(前出の読者)にしなければならない。 (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る