御坊のEEパーク 発電施設を市に移管

 市議会全員協議会が8日にあり、 執行部から関西電力が所有している日高港新エネルギーパーク 「EEパーク」 の太陽光や風力など一部研究用の発電施設について、 ことし10月中にも市に移管されることが報告された。 当初から予定していた関電の研究期間終了に伴う移管。 議員からは 「維持管理費など市の重荷にならないか」 と懸念する声もあったが、 太陽光発電の売電で年間約500万円の収入が見込めることなども示された。
 執行部の説明によると、EEパークは関電が平成19年度からオープン。23年度までの5カ年で太陽光パネルの傾斜角や風力測定などの研究を行ってきた。今回、その期間が終了して研究の目的も達成した上に、関電としては必要性の問題などから存続は困難として、市に太陽光発電施設10基、パワーコンディショナー1基、制御用パソコン類などの観測棟1棟、風力発電装置3基、風況観測タワー1基の移管を申し入れ。市側は「自然エネルギー普及の核であり、体験型観光もできる施設として存続させることが必要」と判断し、移管を受け入れることにした。
 また、太陽光発電施設については、発電した電力を売電する計画。ことし7月1日から施行された電力会社への自然エネルギー買取を義務付ける「再生可能エネルギー固定価格買取制度」を活用すれば1㌔㍗当たり42円で売電することが可能。EEパークにある太陽光発電の発電量実績をみると、年間平均約12万㌔㍗で、1年間で500万円程度の収入が入ることになる。同制度に伴う買取期間は施設オープンから20年間で、EEパークの場合は5年間経過しているため、残り15年間が買取期間。売電価格の累積見込み額は7500万円になる。
 さらに執行部は、▽耐用年数が10年程度とみられるパワーコンディショナーなどの設備は関電が新品に交換した上で移管▽県が関電から徴収していた用地の賃借料について市に移管した場合は免除▽将来的な施設撤去費用は関電が負担▽PR館は引き続き関電が管理、運営なども説明し、「施設が故障したときの修理費がかかることも予想されるが、売電の収入があるため、収支はトントンまたは若干の持ち出し程度で済むのではないか」との見通しを示した。
 議員からは「もらい得」と納得する声もあったが、半面「ただもらうだけではなく、有効活用も検討してもらいたい」との指摘もあった。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る