みなべ町 東京で梅セミナー

 みなべ町などは4・6日の2日間、東京都港区と新宿区の2会場で市民講座「梅セミナー」を開講。「自然食品の梅で健康づくりを」とPRした。合計約120人が受講。県立医科大学の宇都宮洋才准教授が梅の機能性を紹介したほか、梅料理研究会(岩本直子会長)が梅料理の作り方を実演した。うめ課は「人口が多い首都圏で梅の良さが広まってほしい」と期待している。
 県観光連盟と共催。初日はNHK文化センター青山教室(港区)で「驚きの梅パワーと夏の梅ごはん」をテーマに開いた。台所を預かる女性ら約50人が出席。宇都宮准教授はこれまで科学的に研究してきた成果を紹介し、「梅には胃炎を引き起こす原因とされるピロリ菌の活動を抑制する効果がある。ほかにもインフルエンザや糖尿病予防に効果があることが解明された。夏場は熱中症や夏バテ対策にも効果的」などとアピールした。このあと梅料理研究会の岩本会長と竹田房代さんの2人が、梅干しを使った「梅ご飯」「枝豆とエビの梅あえ」「キュウリの梅干し漬け」の手軽にできる3品の調理を実演。「家庭でも梅干しをつくって料理にアレンジしてもらいたい。梅干しは体にいいので、どんどん食べて健康になって下さい」と呼びかけた。2日目は新宿コズミックセンターで「『聞いて 食べて 元気になる和歌山県のブランド梅・南高梅を知る』知って得する 梅のヒミツ」と題する講座を開催し、約70人が受講した。同町は首都圏での梅のPRに力を入れており、ことし6月にも東京の2会場で開催。11月にも開催する方針で、「積極的にアピールし、消費の拡大につなげたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る