みなべ町 東京で梅セミナー

 みなべ町などは4・6日の2日間、東京都港区と新宿区の2会場で市民講座「梅セミナー」を開講。「自然食品の梅で健康づくりを」とPRした。合計約120人が受講。県立医科大学の宇都宮洋才准教授が梅の機能性を紹介したほか、梅料理研究会(岩本直子会長)が梅料理の作り方を実演した。うめ課は「人口が多い首都圏で梅の良さが広まってほしい」と期待している。
 県観光連盟と共催。初日はNHK文化センター青山教室(港区)で「驚きの梅パワーと夏の梅ごはん」をテーマに開いた。台所を預かる女性ら約50人が出席。宇都宮准教授はこれまで科学的に研究してきた成果を紹介し、「梅には胃炎を引き起こす原因とされるピロリ菌の活動を抑制する効果がある。ほかにもインフルエンザや糖尿病予防に効果があることが解明された。夏場は熱中症や夏バテ対策にも効果的」などとアピールした。このあと梅料理研究会の岩本会長と竹田房代さんの2人が、梅干しを使った「梅ご飯」「枝豆とエビの梅あえ」「キュウリの梅干し漬け」の手軽にできる3品の調理を実演。「家庭でも梅干しをつくって料理にアレンジしてもらいたい。梅干しは体にいいので、どんどん食べて健康になって下さい」と呼びかけた。2日目は新宿コズミックセンターで「『聞いて 食べて 元気になる和歌山県のブランド梅・南高梅を知る』知って得する 梅のヒミツ」と題する講座を開催し、約70人が受講した。同町は首都圏での梅のPRに力を入れており、ことし6月にも東京の2会場で開催。11月にも開催する方針で、「積極的にアピールし、消費の拡大につなげたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る