商店街復活の兆し感じて

 経営者の高齢化、後継者不足で空き店舗が増えて年々疲弊する市内商店街。しかし、ここ数年取材をして感じるのは、商店街が再び復活する可能性を秘めているというか、活性化の方向へ少なからず動いているというか、何か明るい兆しが見えるような気がする。
 というのは、御坊商工会議所など関係者が「何とか商店街を再び活性化しよう」といままで以上に知恵を絞って各種取り組みを展開しているからで、他の人たちにも商店街活性化の意識が広がっているように思う。例えばイベントでみれば1店逸品運動、百円笑店街、復活商工祭を催し、にぎわいをみせている。また、若者が空き店舗を利用して活性化イベントを実施するようにもなってきた。観光面では商店街を含む寺内町をアピールし、誘客に努力もしている。食の面では市などが「花かご弁当」も開発した。
 さらに注目されるのは、空き店舗の有効活用。すでに若者が衣類や駄菓子販売、カフェなどを行うケースもいくつか出ており、見た目にも明るい雰囲気が商店街に注ぎ込まれたような気がする。会議所ではさらに空き店舗活用推進へ県や市に家賃補助も要望することにしており、やる気のある若者らが集まることを楽しみにしている。筆者としては市内に散らばっている店舗を商店街に引き込むというのも手っ取り早いのではないかとも思う。ただ、商店街には大きな駐車場がないのがネック。行政の施策として津波避難タワーを兼ねた立体駐車場でもしてくれればいいのだが…。取りとめのない話になってしまったが、何か動き出さなければ何も変わらない。商店街はいま再び復活に向けて動いていると、期待している。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る