ウメ輪紋ウイルスに注意

 梅やモモなどに被害を与えるウメ輪紋ウイルス(プラムボックスウイルス)に感染した苗木が県内に流通した可能性があるとし、県は生産者らに情報の提供を呼びかけている。同ウイルスには有効な防除薬が見つかっておらず、感染すると果実に黒い斑点が出るなど商品価値が低下する。県では「県内ではいまのところ発見されていないが、広がれば深刻な被害が出る」と懸念している。
 国内では平成21年に初めて東京都青梅市で発見され、昨年までに全国の7都府県(東京、茨城、神奈川、埼玉、滋賀、大阪、奈良)で2万3868本を確認。最も深刻な被害を受けている東京都青梅市では21年~23年までに1万7353本が見つかり、「現在も衰える気配はない。深刻な問題になっている」という。いまのところ県内での確認例はないが、近くでは大阪や奈良でも発見されている。感染した梅は一般的に樹勢が低下するほか、果実に黒い点が付いたり黒ずんだりするため商品価値が低下する。穂木を接ぎ木してつくった苗木などが流通して広まったとみられ、自然界ではアブラムシが媒体になるという。感染樹は果樹園だけでなく、公園や寺院、住宅の庭木などでも確認されているが、有効な対策は見つかっておらず、感染樹を伐採する以外ないという。人体に影響はない。
 ことし7月、兵庫県伊丹市で梅などの苗木の生産地から感染した苗が確認され、感染の恐れがある梅の苗木が出荷されたことが判明した。県は「葉に黄色の薄い部分ができたり、ドーナツ状の輪ができる症状を見つけた場合は連絡してほしい」と情報提供を呼びかけている。連絡先は県農林水産部農業生産局果樹園芸課農業環境・鳥獣害対策室℡073―441―2905、県農産物病害虫防除所みなべ駐在℡07393780へ。県農作物病害虫防除所紀の川駐在℡07362274。

関連記事

フォトニュース

  1. お年寄りはどこがいい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る