南部湾で1200発の奉納花火

 みなべ町埴田、鹿島神社(堅田省三宮司)の奉納花火祭は日高地方のトップを切って1日夜に南部海岸で催され、大勢の家族連れらでにぎわった。江戸時代に発生した2度の大津波の際、南部湾に浮かぶ鹿島が波を2つに分けて被害を最小限に抑えたという言い伝えが残っており、感謝の気持ちを込めて行われている。仕掛けや早打ちなど1200発が打ち上げられ、夜空を彩った。
 ことしも午後8時から開始。浜辺には各地区のちょうちんが立てられ、祭りムードを盛り上げた。神社周辺には夜店も並び、浴衣姿の子どもたちが楽しむ姿もみられた。海岸や国道42号線沿いの歩道は観衆でにぎわい、次々に打ち上げられる大輪にうっとり。早打ちや仕掛けなどさまざまな種類の花火が夜空を彩り、観衆らは「きれいだなあ」と光と音の競演を楽しんでいた。
 江戸時代、宝永4年(1707年)と安政元年(1854年)の地震で大津波が打ち寄せてきたが、南部湾の鹿島から怪火が現れて津波を東西に分けたという。海岸の住民らは「鹿島の大明神が守ってくれた」と毎年感謝の気持ちを込めて花火祭が行われている。奉納祭の起源は宝永の大地震の翌年の1708年6月15日とされ、当時はたいまつやちょうちんを鹿島明神に手向ける形だったという。明治時代初期の1840年、大庄屋、南道の鈴木氏らが花火の技術を学び、仕掛け花火を奉納。その後は各字が製造して技術を競った。現在も、同神社には当時花火の打ち上げに使われた筒2本が残っている。

関連記事

フォトニュース

  1. う~ん、とってもボタニカル

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る