怖い話でクールダウン

 1カ月ほど前に 「昨年でラニーニャ現象が終わり、 ことしはエルニーニョなのであまり暑くならない」 などの話を聞いたが、 いまのところ予想通りにはいかなかったようで、 うだるような暑い日が続いている。 エアコンの効いた室内や車内ならまだしも、 外に出て少し歩くだけで汗が流れ出てくる。
 関電大飯原発4号機 (福井県おおい町) のフル稼働による供給力増加で節電の動きは多少緩んだが、 まだまだ必要なようだ。 先日、 我が家にも電力会社の社員が節電を呼びかけに訪れた。 昨年の同時期より15%削減すれば商品券がもらえるとのことで、 ゴーヤカーテンを作ったり、 冷却ジェル入りの首巻を使ったりで、 取り組んでいる。 暑さで汗を流しながらも、 たまに吹く風の涼しさや冷たい飲み物がよりおいしく感じるなど、 それなりに暑さを楽しめるようになったが、 熱中症や熱帯夜による寝不足にならないよう、 上手にエアコンを使うことも必要だ。
 エアコンや扇風機で体を外から冷やすのもいいが、 体の内側から冷やすのもどうだろうか。 本紙ホームページではことしも怖い話を紹介する 「納涼 真夏のゾッとする話SP」 を開設。 日高地方の人から集めた怖い・不思議な体験をまとめた30話を掲載。 夜中の国道42号、 日高川町の林道、 美浜町の松林での出来事など、 地元が舞台となっている話も多数。 興味のある方はぜひ一度、 のぞきにきてください。 アクセスは検索サイトで 「日高新報」 を検索し、 トップページにある 「納涼 真夏のゾッとする話SP」 をクリック。 皆さんが体験した怖かった・不思議な話も募集中です。
       (城)

関連記事

フォトニュース

  1. どう?きれいに染まってる?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る