日高高校科学部 缶サット甲子園全国へ

 日高高校科学部 (近藤信龍顧問) は15日、 和歌山市のコスモパーク加太などで行われた第5回缶サット甲子園和歌山地方大会で初優勝し、 8月3~5日まで和歌山市のコスモパーク加太などで開かれる全国大会出場を決めた。 北海道、 関東、 和歌山、 九州で地方大会があり、 和歌山地方大会には岐阜県や香川県から11校が参加。 上位4校が全国出場切符を獲得した。
 缶サット甲子園とは、3人1チームで、自作の空き缶サイズの模擬人工衛星の缶サットとキャリアと呼ばれる缶サットを搭載するものを打ち上げ、上空での放出、降下、着地の過程を通じて技術力と創造力を競う競技。実施するプログラムや缶サットの特徴、期待される成果などを書いたミッション概要資料、その資料に基づき説明する事前プレゼンテーション、実競技、事前の計画と比較して実競技で得られた結果を発表する事後プレゼンテーションの4つで評価される。
 2回目の出場となる同校は、気温、気圧、湿度、加速度、GPSのセンサーを搭載した缶サットを製作。マイコンに打ち上げから着地までのデータを記録。 缶サットから無線で上空の気温や気圧などの情報が地上の生徒のパソコンにデータとして送られ、 グラフ化して分析。 事後プレゼンテーションで発表した結果、企画力や実施内容が高評価を得て見事1位に輝いた。
 近藤教諭は「大会前にGPSが壊れるアクシデントがありましたが、いい結果が出て良かったです。全国では上位入賞してほしいですね」と話し、科学部メンバーの樫原輝君、大﨑堅太君、三谷凌大君 (以上2年)は「工業系の学校があったので、まさか1位になるとは思わなかった。大会で初めて打ち上げるので、それまでは想像上でシミュレーションするしかないのが難しい。全国では、トラブルがあったところを直して挑みたい」と意気込みを語った。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る