オヤジから夏休みの過ごし方で提言

 小中学校の夏休みが去る20日から始まり、早くも1週間が過ぎた。「夏休みはまだまだこれから」と思っている学生も多いと思うが、あっという間に休み期間は過ぎてしまう。長期休暇は学生に与えられた特権。働き始めると、1カ月以上にもわたる休暇はほとんど無理。この長い休み期間にしかできないことに挑戦し、思い出に残る有意義な夏休みにしてほしい。
 とは言っても筆者が過ごした夏休みを思い返してみると、計画性はゼロ。休みに入る前までは「早く宿題を終わらせ、後半は自分のやりたいことを存分に楽しもう」と思うのだが、結局はぐうたらな生活。特に困ったのが小学生時代の絵日記の宿題。8月末から追い上げをかけるのだが、その日の天気が分からないし、もちろん1日の行動も思い出せない。挙句の果てに途中でリタイヤする始末。夏休みの工作や読書感想文も間際でしかやらなかった。高校や大学時代に至っては夏休みをどんな風に過ごしたかさえ記憶にない。
 何も宿題を計画的に終わらせるのが長期休暇の使い方とは思わないが、やっぱり張りのある生活を送る方が充実する。勉強以外でも精力的にスポーツに取り組んだり、知らない場所に行ってみるような冒険をしたりするのもいいかもしれない。大人になっても思い出として残る。時間の経過は誰でも同じで、その中でどう生活するかは人それぞれ。
 40日間にわたって自由な時間を過ごせるのは学生時代の夏休みしかない。「まだ始まったばかりで、あと1カ月以上もある」と余裕でいられるのはいまだけ。中年サラリーマンのオヤジから経験を踏まえた助言に耳を傾けてもらえればと思う。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る