日高からオリンピック選手を

 4年に一度のスポーツの祭典、オリンピックがいよいよきょう27日(日本時間28日)から開幕する。といってもすでに女子サッカーは始まっており、我らがなでしこジャパンは早速の試合で見事カナダを撃破。ワールドカップに続いて2連覇へ幸先のよいスタートを切った。オリンピックは「参加することに意義がある」と昔から言われているが、世の中の関心はやはり誰が、どれだけメダルを獲得できるか。もちろん競技者本人が血のにじむような努力を重ね、高みを目指しているのだから、参加することだけに意義を見いだす時代ではないだろう。恐ろしいまでのプレッシャーの中で、いかに自分を磨き力を発揮できるか、アスリートの究極の楽しみであるのかもしれない。
 それにしてもロンドンオリンピックでは県内の選手が9人も出場している。同じ和歌山県人として誇りに思う。中でも注目すべきは、9人のうち半数以上の5人が和歌山北高出身であるということ。一部報道によれば、ロンドンオリンピック出場選手を最も多く輩出した高校は埼玉栄の8人で、和歌山北は青森山田の6人に次ぐ3位、県立高校ではトップになるといわれている。どのような教育環境なのか、単純に興味がわいてくる。
 インターネットで少し調べると、教育理念に「伸びようとする者、伸びようとするところを伸ばす教育」などとあった。選手本人のやる気はもちろん、それをいかに引き出すか。教育環境を整えるというより、本人と指導者の志の高さなのかもしれない。一人の親として、参考にしたいものだ。日高地方からもオリンピック選手が育ってほしい、と勝手に願う4年に一度の今日この頃である。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る