宮子姫ミスコンで地域振興

 ミス宮子姫コンテストが企画され、23日から募集をスタートさせた。最終審査は日高新報と紀州新聞に掲載された用紙を使って読者の投票形式で選抜する全国初の試み。
 心配なのは応募者がどれだけくるか。新聞に顔写真が載ったりするので敬遠する人もいると思うが、対象となる16歳以上の独身女性はあまり難しく考えず、AKB総選挙のような明るいノリのコンテストだと思ってどしどし応募していただきたい。そしてこのコンテストは女性の優劣をつけるためのものではなく、あくまで地域振興のための話題づくりということも理解してもらいたい。もちろん、自信のある女性は、自分の可能性を試す機会として参加していただくのもOKである。
 さて、選抜された2人のミス宮子姫は当面宮子姫顕彰会の顕彰祭(10月28日)、市観光協会の宮子姫みなとフェスタ(11月4日)、御坊商工会議所の復活商工祭(11月11日)に出演してもらう。日程を見てもらえば分かるが、3週間連続で日曜日にイベントが行われる。今回、関係団体がせっかくスクラムを組んで共通のミス宮子姫を選ぶのだから、3週連続のイベントも何かひとくくりにしてPRできないだろうか。
 例えば3イベントに「髪長姫に会いにいこう第○弾」などの冠を付けてアピール。全イベント通じたポイントラリーのような催しもいいかもしれない。さらにこの3週間は日曜日だけでなく、平日も商店街などで関連イベントを実施。徹底的に宮子姫をPRする期間にしていけば、発信力も高まり、県外からも誘客を図りやすいと思う。何はともあれ、コンテストはまだまだ試行錯誤の段階。大いに盛り上がることを期待している。    (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る