かわいい孫との思い出に

 本紙10面の企画コーナー。通常の記事より、 「パッと目に止まって気軽に読める」「知っている人が出ていないか必ず見る」「行政ネタなんかよりここが一番面白い」 という読者の人もいるなど好評だ。 筆者が担当しているのは、 木曜の 「心に光る歌ひとつ」 と、 土曜の 「WEEKLY CINEMA GUIDE」のコーナー。 各コーナーはおおむね2、 3人で担当しているのだが、 金曜の「うちのおじいちゃん」 だけは記者全員の持ち回り。
 本日の 「おじいちゃん」 は筆者が担当した。 アメリカに住む孫との久しぶりの再会に笑顔はじけるおじいさん。 今回は娘の4年ぶりの帰郷による再会で、 筆者が 「せっかくの機会だから」 と出演をお願いすると、 はじめは 「ご勘弁を」と言われたが、 そのあとすぐに快諾してくれた。その際、一緒に食事をしたが、 孫とのひとときがうれしいのか、いつもより若干酒量が多め。 同年代の子どもと元気いっぱいに遊んだり、初体験という手持ち花火におびえる孫の様子に終始目を細めていた。
 本紙で一番の長寿コーナーだという。これまでも料理人やJR職員、元公務員、販売員などなどさまざまな職業のおじいさん、おばあさんを取材。40代の若い人もいた。いずれの人からも目に入れても痛くないほどかわいい孫へのたっぷりの愛情が伝わってくる。祖父母と孫のほのぼのエピソードにも巡り合え、取材するこちらも和やかな気持ちにさせてもらっている。 中には恥ずかしがる人や、外孫の場合に子の嫁ぎ先の親に気を使って遠慮する人もいるが、 きっとかわいい孫とのいい思い出になるはず。「孫のために」と出ていただければ幸いだ。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る