梅の郷救助隊が九州へ

 民間災害ボランティア団体、紀州梅の郷救助隊(尾崎剛通隊長)は15・16日の2日間、九州北部豪雨のため水害が発生した大分県日田市で復旧作業を実施。隊員ら5人が出動し、民家の泥出しなどの作業に当たった。尾崎隊長は「昨年も県内で台風12号に伴う水害が発生したばかり。大雨の時はまず避難することが先決」と話していた。
 同隊は、九州で大雨による被害が発生し始めていた時から出動を検討。日田市出身で現在みなべ町芝に在住している渡辺昨男さん(61) からの 「兄が日田市に住んでいる。 電話でやり取りはしているが、 気になる。 もし出動する機会があれば一緒に連れていってほしい」 という要望にも応え、 出動することを決定した。
 一行は13日午後9時ごろにみなべ町をレンタカーで出発。 翌日14日昼前に現地に到着したが、 この日は豪雨のためボランティアセンターの活動は中止。 渡辺さんの兄の実家に宿泊し、 15日から本格的な作業を開始した。 ボランティアで作業に入ったのは、 付近を流れる花月川流域で水害被害に遭った場所。 今月3日に床上浸水、 13日から14日の豪雨で再び床上浸水した民家で作業に当たった。 1度目の浸水で家財などはすでに運び出されており、 今回は民家の泥出し、 床下の洗浄、 濡れた断熱材の撤去などが中心となった。 16日までに2件の民家で作業した。 17日朝に帰町した尾崎隊長は 「現地は盆地で水害に遭いやすい地形だが、 昭和28年以来60年ぶりの大水害だったそうだ。 帰りの車の中でも、 前が見えないぐらいの雨が降った。 水害の対策は難しいが、 いち早く避難することが重要になるのではないか」と話し、渡辺さんは 「今回初めてボランティアに参加した。 故郷の日田市を少しでも助けられたかと思うとうれしい。いい勉強にもなった。 今後もボランティア活動に参加していきたい」と話していた。紀州みなべ梅干生産者協議会と紀州みなべ梅干協同組合から提供を受けたPR用の梅干し600個もボランティアセンターなどに届けた。

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る