水害文集「絆」に思う

 本紙文芸欄にこのほどから掲載している日高川町校長会発行の文集「絆」は、各小中学校等の定期刊行の文集とはかなり趣が異なる。昨年の今頃は、こんな文集ができる予定はまったくなかった。平成23年9月4日、台風12号の豪雨による水害に見舞われた日高川町の子どもたちが当時の見聞や体験を自分の言葉でつづった、貴重な記録集である
 ◆平穏な生活の基盤が、自然の猛威の前に突然危うくなる。その不安と恐怖。玄関を開けるといきなり川が見えた時の衝撃や、住み慣れた自宅の変わり果てた有様を目の当たりにした驚き、混乱。かわいがっていた動物を避難先に連れて出られなかった悲しみ。子ども達の言葉は、素朴でストレートな表現だけに直接胸に迫ってくる
 ◆読んでいて心が温かくなるのは、周囲の人達の懸命の助け、駆けつけてくれた友人の存在に対して、涙がこぼれるほどの感謝や衝撃を忘れるほどの明るい笑いが自然と湧き起こってくる様子だった。地域の人々を心配して様子を見に駆け回る両親を誇らしく思う気持ちもつづられている。突然の出来事だからこそ、今まで気づかなかった大事なものの存在をしっかりと心に刻むこともできた。寄せられた文からは、衝撃的な体験にも負けず成長しようとするしなやかな生き生きとした子ども達の心が感じられる。それも周りの大人達の大きな愛情と支えがあればこそだろう。「絆」という題に、あらためて感銘を覚える
 ◆大きなショックを受けた時に心のよりどころとなるのは、同様の体験をした人の言葉ではないだろうか。自分一人だけではない、と思っただけで、前へ進む力が湧く。36人の言葉は、多くの人にとって力になる。
       (里)

関連記事

フォトニュース

  1. めちゃめちゃお得ですよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る