由良町で崩土も

 県のまとめなどによると、今回の大雨で県内では人的な被害はなく、物的被害では海南市のわんぱく公園敷地内で土砂崩れ、広川町下津木で宅地崩壊などがあった。日高地方では市内湯川町丸山の東裏川の氾濫のほか、由良町大引で崩土が発生、県道が通行止めとなるなど、御坊、南部、由良、みなべの4市町で国道や県道の通行規制がかけられた。
 由良町大引の崩土の現場は、白崎海洋公園入り口と白崎青少年の家への上り口の間。幅約15㍍、高さ約15㍍にわたって県道御坊由良線沿いの斜面が崩れ、12日午後6時から全面通行止めとなっている。日高振興局建設部によると、復旧のメドは立っていないが、海洋公園へは大引側から、青少年の家へは小引側から行くことができるという。
 このほか、みなべ町東神野川~清川の国道424号が土砂災害の恐れ、日高川町高津尾の県道たかの金屋線が河川水位上昇、御坊市藤田町吉田~藤井の県道日高印南線が冠水を理由に通行止めとなり、13日正午現在、由良町の県道だけが通行止めとなっている。
 日高川町が避難準備情報発令 県によると、県内では白浜町が一部地域住民に避難勧告を出し、日高川町と田辺市が避難準備情報を出した。12日午後3時15分に日高川氾濫警戒情報が発令(10時に解除)された日高川町は、午後4時時点で玄子、早藤、平川、田尻の4地区の一部、計187世帯491人が避難準備の対象となったが、実際に避難した人はいなかった。
 カヌー競技の会場変更 16日に日高川町初湯川の美山漕艇場で開催予定の国体近畿ブロック大会カヌー競技は、今回の大雨の影響で会場が兵庫県宍粟 (しそう)市の音水湖競技場に変更になった。日高川の増水により、美山漕艇場下流の椿山ダムが放流したため。開催種目はスプリントで、大会にはロンドン五輪代表の阪本直也選手(和歌山県教委)がカナディアンシングル(C―1)に出場する。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る