日高町三佐に玉置氏家老の屋敷跡

 和歌山城郭調査研究会顧問の水島大二さん=和歌山市=ら6人は、中世に日高川町和佐・手取城を拠点に日高地方の一部を治めていた豪族玉置氏の家老・原要助氏の土居(屋敷)跡を同町三佐地内で確認した。
 調査には水島さんのほか、会員の谷口敏雄さん=横浜市=、川辺文化協会郷土史同好会会長の清水章博さん=日高川町小熊=らが参加して地元福島開さんが現地を案内した。
 水島さんらは、まず地内に「土井垣内」という字名が残っていることから領主、原氏の屋敷が存在したと推測。地籍図や住宅地図を持って土居垣内と呼ばれる地を調査した結果、田尻地区に隣接したところにある土手の上の平らな田んぼに注目した。土地は東西約30㍍、南北60㍍の大きさ。地形が周辺の田んぼと違って長方形で、道を隔てた東のウメ畑も土居だったという説があり、北側には堀があったと考えられることからこの地に土居が存在したという結論に至った。
 水島さんらはことし1月にも、 同町船津岡本地区で玉置一族の玉置雅楽助(うたのすけ)の土居跡を確認。 水島さんは「手取城と田尻城の間に数々の支城や見張り所を築き、岡本の雅楽助、三佐の要助ら重臣が日高川と対峙する地に土居を構えることで、玉置氏は水運や街道の安全を確保したということ。両城間の地で絶大な力をもっていたことの証明になる」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊・日高のために頑張ります!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る