拡幅工事完了、マラソン復活へ

 平成20年を最後に休止している日高川町の紀の国美山マラソン。大会復活を願う有志ランナーらが毎春、フルマラソンのコースを走って再開への思いをアピールしている。ことしも昨年の台風12号の影響でコースを変更したが、42・195㌔を駆け抜けた。
 大会のコースとなっていた国道424号の拡幅工事が間もなく完了。15日から供用を開始する。広く安全な2車線となり、トンネルも設置。地域の生活産業道、龍神・熊野方面への観光ルートなどあらゆる面で効果は大きい。さて工事の完成は、全国各地のマラソン愛好家にとっても朗報となりそう。マラソン大会の休止は参加者数の減少が要因でもあるのだが、最大の理由はこの国道拡幅工事。当時、関係団体等が協議した結果、「代替コースの設定は困難」「工事実施区間を使用しての開催は好ましくない」との意見が寄せられ、「5年間は休止せざるを得ない」との結論に達した。
 大会は平成7年に県下初となる本格的なフルマラソンをメーンとして開催。以来、アップダウンが激しく、山紫水明を望めるコースは全国のランナーに親しまれ、毎年1000人以上がエントリー。専門雑誌の『全国ランニング100撰』に2度も選ばれるなど、全国に名をとどろかせた大会だ。工事が完了した今、休止の最大理由がなくなった。コースには、まだ台風の爪痕が残る。5年間とはいわず前倒しして来春、無理なら再来年にでも復興マラソンと銘打って単発的に復活させてみてはどうだろう。義援金を募るもよし、ジビエ料理やアユ・アマゴで元気をアピールするのもよし。全国各地から多数のランナーが集まるはず。有志ランナーのアピールも一層熱を帯びそうだ。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る