拡幅工事完了、マラソン復活へ

 平成20年を最後に休止している日高川町の紀の国美山マラソン。大会復活を願う有志ランナーらが毎春、フルマラソンのコースを走って再開への思いをアピールしている。ことしも昨年の台風12号の影響でコースを変更したが、42・195㌔を駆け抜けた。
 大会のコースとなっていた国道424号の拡幅工事が間もなく完了。15日から供用を開始する。広く安全な2車線となり、トンネルも設置。地域の生活産業道、龍神・熊野方面への観光ルートなどあらゆる面で効果は大きい。さて工事の完成は、全国各地のマラソン愛好家にとっても朗報となりそう。マラソン大会の休止は参加者数の減少が要因でもあるのだが、最大の理由はこの国道拡幅工事。当時、関係団体等が協議した結果、「代替コースの設定は困難」「工事実施区間を使用しての開催は好ましくない」との意見が寄せられ、「5年間は休止せざるを得ない」との結論に達した。
 大会は平成7年に県下初となる本格的なフルマラソンをメーンとして開催。以来、アップダウンが激しく、山紫水明を望めるコースは全国のランナーに親しまれ、毎年1000人以上がエントリー。専門雑誌の『全国ランニング100撰』に2度も選ばれるなど、全国に名をとどろかせた大会だ。工事が完了した今、休止の最大理由がなくなった。コースには、まだ台風の爪痕が残る。5年間とはいわず前倒しして来春、無理なら再来年にでも復興マラソンと銘打って単発的に復活させてみてはどうだろう。義援金を募るもよし、ジビエ料理やアユ・アマゴで元気をアピールするのもよし。全国各地から多数のランナーが集まるはず。有志ランナーのアピールも一層熱を帯びそうだ。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. エビいっぱいとれたで

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る