台湾の大学に仲田さんの歌碑

 国民みらい出版(東京)主催、 高雄国際詩文大会が台湾高雄市の国立高雄第一科技大学キャンパスで開かれ、 日本人の短歌・俳句・川柳作品を刻んだ碑286個を除幕。 東日本大震災への台湾からの多大な援助に感謝を表す目的の事業で、日高地方からは仲田美智子さん(70) =日高町高家=の作品が選ばれた。仲田さんは「国際交流の手助けになればうれしいです」と話している。
20120706歌碑仲田さん上半身.jpg
寄贈証明書を手にする仲田さん
20120706歌碑仲田さん.jpg
仲田さんの作品の歌碑
 震災後、 台湾からは現在までに200億円以上の義援金が寄せられた。 その9割以上が民間から集まったもので、 同出版社は、 日本の詩歌の碑を大学に寄贈することで感謝を表し、 日台のさらなる友好を図ろうと企画。 キャンパス内に設けられた 「詩文の道」 に沿って、 286個の歌碑を建立した。 除幕式の模様は台湾で大きく報道された。
 仲田さんは地元の山百合短歌会前会長で、 日高短歌会、県歌人クラブにも所属。 歌歴は20年ほどになる。今回は、 以前に同出版社から歌集を出した縁で出品依頼を受け、震災のあとで詠んだ短歌「朝夕に薬切らせぬ身となりて地震(ない)や津波の不安拭えず」を出したところ、5000点の中から選ばれたという。仲田さんは式典には出席できなかったが、主催者から報告の写真や同大学からの 「寄贈証明書」が送られた。仲田さんは「持病があり薬は毎日欠かせないので、震災被災地などの報道を見ると『もしものことがあって薬が手に入らなくなったらどうしよう』という不安を抱くようになりました。そんな思いを詠んだ短歌ですが、ずっと残る歌碑にしていただいて光栄です。台湾の若い学生さんたちが文芸作品を通じて日本に一層関心を持ってくれればうれしいですね」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る