ウナギ高騰で放流断念

 南部川漁業協同組合 (井口富雄組合長) はことし、 価格が高騰しているウナギの放流を断念する方針を固めた。 現状は稚魚のシラスウナギの捕獲量が減って、 手に入らない状態だという。 同河川にはウナギに対する漁業権 (遊漁に鑑札が必要) はないが、 住民に釣りを楽しんでもらおうと毎年放流している。 井口組合長は 「いまの状況だと、 放流することは難しい」 と話している。
 毎年冬から春にかけて稚魚のシラスウナギが海から川へ遡上するが、 全国的に2年ほど前から不漁続き。 県内の特別採捕期間 (1~4月) の捕獲量は、 平成22年に53㌔あったが、 23年は11㌔に激減、 ことしも12・5㌔と低調となっている。 こうしたことが影響して価格が高騰。 昨年の1月が㌔当たり45万円だったが、 4月には70万円に跳ね上がった。 ことしも高値は続き、 1月は130万円、 3カ月後の4月には180万円まで値上がった。 この影響で、 以前からウナギを放流していた各河川でも対応を苦慮している。 南部川についても例外ではなく、 毎年1000匹程度放流していたが、 ことしは取りやめる方針。 同河川には漁業権の設定はなく、 放流は義務付けられていないが、 井口組合長は 「ウナギの価格が高く、 手に入らない状態。 ことしの放流はあきらめざるを得ない」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る