グレーな政治家は選挙で裁け

 民主党が分裂した。小沢元代表グループは今後、新党結成を目指し、政権交代前に掲げたマニフェストの実行、消費税増税先行阻止、原発再稼働反対を旗印に次の衆院選に臨む。新生、新進、自由…「つくっては壊し」を繰り返してきた剛腕が、またも新党をつくるという。
 政治資金規正法違反の判決は無罪。疑わしきは罰せずの原則から、有罪とするに足る決定的な証拠がなく、検事の虚偽の捜査報告書作成もあっての結果だった、判決自体は極めて妥当という専門家の見方がある一方、国民の小沢氏に対するイメージ、評価は変わっていないという声も多い。
 組織のリーダーでありながら、人の意見、批判にはいっさい耳を貸さず、自分に都合の悪いことが起きた場合、一見、筋の通った理由をつけて実質的な話し合いを避ける人は少なくない。また、その理由もその場しのぎ、一貫性のない理屈であることが多く、ましてや国家の将来を決する国会議員たる者、逃げてばかりでは信頼は地に堕ちる。
 政治とカネにまつわる疑惑は絶えないが、国会議員は多少のカネの問題よりも、国際社会の中の日本の安全と国益を考えた国家観と外交センス、実行力が問われる。この見方においても、民主党とその議員はこれまで何をいい、国民のために何をしてきたか。日米同盟の絆を揺るがし、そこから周辺国の反日、挑発行為を招きながら、常識の通らぬ国に対して多くの国民感情を逆なでするような朝貢外交を展開してきた。
 法廷の無罪判決は、100%完全な潔白が証明されたわけではない。政治家の疑惑、主張、活動に不満や疑問が残る国民にとって、選挙こそが自ら政治家を裁く裁判である。     (静)

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る