みなべ町のイワシ漁が不振

 みなべ町では5月から伝統漁法の「いさり火漁」で行うイワシ漁が行われているが、不漁が続いている。光に集まる習性を利用して網で一網打尽にする漁で、海面に浮かぶ灯りは夏の風物詩だが、漁師からは「昨年も不漁だったが、ことしも平年の半分程度。漁は秋ごろまで続くので、後半に期待したい」という声も聞かれる。
 みなべ町のイワシの水揚げ量は、 県下でもトップクラス。 ことしは5月末ごろから漁が始まったが、 不振が続いている。 本来なら6・7月ごろがピークだが、 水揚げ量は例年の半分程度だという。 漁師歴約50年の湯川五郎さん (68) も 「昨年から2年続きで低調だ。 昔と比べると年々漁獲量が減ってきている」 という。 量は減っても値段は上がらず、 「燃料費などを差し引くと利益が薄い」 という声も聞かれる。
 いさり火漁は古くから伝わる漁法で、 ライトで海面を照らし、 集まって来たイワシを網ですくい上げるという方法。 「棒受け漁」 「ボケ漁」 などとも呼ばれる。 漁師らは夜に出漁し、 沿岸の海域で操業。 朝に帰港してマイワシ、 ウルメイワシなどイワシの種類や大きさを選別し、 競りにかける。 業者らが買い取り、 干物などに加工して販売する。 紀州日高漁協南部町支所では20~30隻が操業している。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る