「勇気を出して一歩」

 プロ野球パ・リーグの首位を快走中の千葉ロッテマリーンズで、角中勝也(かくなか・かつや)選手の活躍が光っている。背番号61の外野手、180㌢・80㌔の右投げ左打ち。大砲というイメージはないが、右へ左へ鋭い当たりを連発し、1日現在の打率は3割3分。堂々首位打者に立った。
 06年大学・社会人ドラフトの7位で25歳。日本航空二高、四国独立リーグ・高知を経て入団し、プロ入り6年目のシーズンを迎えている。10年までは鳴かず飛ばずだったが、昨シーズンは51試合に出場。8月のオリックス戦で5打数5安打と打ちまくるなどブレイクの兆しを見せていた。
 テレビのスポーツニュースで、なぜ一気に安打を量産できるようになったのか特集が組まれていた。大きなポイントはたったの一つ。打席内で「一歩」踏み出し、前へ立つようになったことだという。確かにVTRでみると、かなりホームベースに近づき、ラインを踏んで構え、投手に対峙している。コーチいわく「これで一番打つのが難しいアウトコース低めが打てるようになった。苦手を克服できた」。ホームベースへ近づくと恐怖心が強くなると答えていたが、勇気を出して踏み出したほんの小さな一歩はとてつもない「大きな一歩」に変わった。
 ただ一歩、前へ。それで世界が違ってくることもある。何事にも通じることだと思う。勉強、仕事がうまく運ばない時は考えてみよう。毎日10分、本や新聞を読む、早起きする、早く学校や会社へ行く。あいさつを人より先に大きな声でやってみる、同僚と必ず話をしてみる。些細なことでも何かを変えられる可能性がある。「勇気を出して一歩」は何より大切だろう。   (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る