みらい龍神 新しいサトイモ焼酎発表

 特産のサトイモで作ったオリジナル焼酎を販売している田辺市龍神村の地域おこしグループ 「みらい龍神」 (冨田進代表) は7月から、 新商品 「じじばば」 を発売する。 2010年から販売している 「TECHI (てち)」 「HOIMO(ほいも)」 に次ぐ第3弾。 これまでよりアルコール度数と価格を低く設定、 取扱店も増やしており、 サトイモ焼酎のさらなる人気アップが期待されている。
 地域の活性化を図ろうと、 住民有志で2008年に結成した 「みらい龍神」 は、 2010年からサトイモ焼酎の販売をスタート。 朝晩の冷え込みで寒暖の差が激しいことなどからできる粘りと甘みの強いサトイモを使った焼酎で、 発売当初から 「おいしい」 と好評を得ている。
 冨田さんによると、 TECHIはアルコール度数35度で通好み、 HOIMO (同25度) は贈答用に人気があり、 今回はさらに飲みやすいようにアルコール度数を20度にし、 値段を安くして焼酎ファンだけでなく一般の人たちにも龍神のおいしい焼酎を気軽に飲んでもらいたいとの願いを込めて作った。
 商品名は、 「龍神村のじじ、 ばばが無農薬で愛情たっぷりに育て、 収穫したら一つ一つ手作業で皮をむいている」 という作業工程をそのまま名前にした。 ラベルには親しみを持ってもらえるよう多くの生産者の顔写真を使っており、 味も見た目もやさしさと温かみがあふれている。
 初年度はわずか600㌔だったサトイモの収穫量は2年目で1㌧、 3年目のことしは2・1㌧。 昨年11月に製造元の長野県佐久市の芙蓉酒造協同組合に送り、 5月に商品となって届いた。 7月1日からの販売に向け、 29日にはメンバーが手作業でラベルを張って準備を整えた。 「じじばば」 は720㍉㍑で435本あり、 1本1575円。 「TECHI」 の3500円、 HOIMOの2500円と比べてもかなりお手ごろ。 「じじばば」 はアルコール25度用も684本販売する (1675円)。
 冨田さんは 「1人でも多くの皆さんに買ってもらって、 龍神のおいしいサトイモと焼酎を知ってほしい。 龍神をサトイモ畑でいっぱいにしたい。 すでに4反分の休耕田を借り受けているので、 遊休地対策にもなる。 これからも龍神を元気にしていきたい」 と願いを込めて話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る