世界少年野球大会 30日には御坊で教室

 今月22日から30日まで和歌山、奈良、三重県で開かれる財団法人世界少年野球推進財団(王貞治理事長)の第22回世界少年野球大会の一環で日高地方でのイベント誘致が決まり、10日の日高郡町村会定例会で報告された。29日には南部ロイヤルホテルで世界の王はじめ親交のある二階俊博代議士らを囲んでの歓迎会、30日には御坊総合運動公園で少年野球教室などを催す。
 定例会では柏木征夫市長が実行委員会長を務めて歓迎会と野球教室を催すことを報告。市と町村会で合わせて75万円の運営負担金を出すことも承認した。世界少年野球大会のメーン会場は本県だと新宮市のくろしおスタジアムとなっているが、親交のある二階代議士の働きかけで日高地方でもイベントの誘致が決まった。歓迎会は29日午後7時から南部ロイヤルホテルで行われ、王理事長、二階代議士、首長らが出席する
 一方、野球教室は30日午前9時から御坊総合運動公園で開催。「投げる、打つ、捕る、走る」の基本技術の向上を図ってもらおうと、郡市内の軟式少年野球28チームの小学6年生135人を招待。講師は元プロ野球選手の水上善雄(ロッテ・広島・ダイエー)、屋鋪要(大洋・巨人)、西崎幸広(日本ハム・西武)の3氏が務める。ちびっこ選手にとってはプロの技術が学べる絶好の機会となりそう。野球教室の開始式のあと、王理事長は美浜町三尾の日の岬パーク内アメリカ村資料館も見学。仁坂吉伸知事とテレビ和歌山収録の対談(場所未定)も予定している。
 世界野球大会は正しい野球を全世界に普及させるとともに少年少女の親善を深めようと、平成2年のアメリカロサンゼルス大会からスタートし、世界、日本各地で開いている。本県での開催は14年以来10年ぶり2回目。新宮市などのメーン会場では中国、韓国チームを迎えて地元チームとの交流試合も行われる。大会の開催に際し王理事長は「昨年秋の台風12号で大きな被害を受けた被災地の皆さんに元気と勇気を与えることができれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る