みなべの給食センター増築起工

 みなべ町立学校給食センター増築工事の安全祈願祭が29日、 同町谷口の町有地で行われた。 給食が実施されていなかった南部小学校と同中学校の2校でスタートさせるための念願の施設で、 来年2月までに完成させ、 4月から運用を始める。 これで町内9小中学校すべてで給食が実施されることになり、 小谷芳正町長は 「合併当初からの課題がようやく解消される」 と期待を込めている。
 祈願祭には町や学校、地元区、工事関係者ら約50人が出席。須賀神社(同町西本庄)の前芝弘知禰宜が神事を執り行い、小谷町長が鎌入れの儀などで工事の安全を祈った。
 神事のあと小谷町長はあいさつで「町内全校での給食実施は新町誕生以来の懸案だったが、ようやく念願がかなってうれしい。現在もご飯は田辺の業者から購入しているが、現施設を改修してご飯を炊くラインを新たに設けるので、災害時の備蓄としても活用できる。来年4月から運用の予定だが、南部中3年生にも食べさせてあげたいので、一日も早い完成を願っている」などと期待を込めた。町議会の小川猛議長も「合併協議の中でも重要課題で、平成18年には保護者から早期実施を求める請願が付託され、議会として採択した経緯もある。完成後はバランスの取れた給食を提供してほしい」と祝辞を述べた。石橋勝教育長は「スタートできてうれしい。着工と合わせて運営面での具体的な中身を詰めていきたい」と話していた。
 場所は上南部小学校東側にある現給食センターに隣接する町有地。鉄骨平屋建てで、延べ床面積765平方㍍。これまでの給食センターは1000食分の調理能力で実際は約800食を作っていたが、南部小・中をカバーするためには約1500食分が必要となるため、増築する施設は2000食分の調理能力にアップする。オール電化で、やけどなどのケガをなくし、室内の温度を一定に保ちやすいなどのメリットがある。施設内容は副食棟の機能を完備し、給食のおかずを作る。これまで副食を作っていた現在の給食センターは、ご飯を炊く機能に変更するため、25年度に改修することにしている。費用は建築や設備をすべて含めて約6億5000万円。新施設の設計は寺前則彦設計室(印南町)、施工は杉谷産業㈱(みなべ町)、㈱戸田電機工業所(同)、㈱池田土木(同)、日本調理機㈱関西支店(大阪)。工期は来年2月5日で、4月から本格運用をスタートする。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る