屈辱を乗り越え真の王者に

 先の世界ミニマム級王座統一戦、WBC王者の井岡一翔とWBA王者の八重樫東の試合は、互いにダウンを奪えぬまま12ラウンドが終了。判定で井岡が勝った。最終ラウンドは死力を尽くして打ち合い、抱き合って健闘をたたえ合う両王者。スポーツとしてのボクシングに興奮、久しぶりの好ゲームだった。
 ボクシングはストイックな個人競技として浪花節が似合う。大阪、関西系の選手の中にはプロになる前の「やんちゃ」を売りに、試合前から相手を挑発、会見で「メンチ」を切る選手もいるが、これがいかにボクシングのイメージを落としてきたか。そういう意味でも、今回の井岡の礼儀正しさ、王者としての言動のさわやかさは際立ち、ボクシングの好感度アップにつながると感じた。
 世界戦はメーンの試合の前に無名の選手同士の試合が何本か組まれるが、テレビ中継の関係で、前座の試合が延びた場合、世界戦のあとに無名選手の試合が回されることもある。観客はタイトルマッチが終わるとほぼ全員が席を立ち、ゴングが鳴ってもまるで潮が引くように帰ってしまう。そんなプロのボクサーとして屈辱の状況の中で、選手は悔しさを拳に込め、世界戦以上の激しいファイトを見せるという。
 だれも見向きもしないリング、だれも見向きもしない舞台、だれも見向きもしない商品にこそ、選手、演者、つくり手の誇りと情熱、高い技術が隠されている。目立たぬ日陰に目を向け、踏みつけられながらも歯を食いしばって頑張る新人、後輩に耳を傾けられる人間でありたい。井岡―八重樫戦を見て、いつかラジオで聞いたいい話を思い出した。
       (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る