未来永劫「備えあれば憂いなし」

 台風4、 5号に伴う大雨で日高川が増水している。 流域に大きな被害が出るほど水位は上昇していないが、 あの茶色の濁流をみると不安が襲ってくる。 昨年9月、 台風12号で日高川が氾濫し、 日高川町皆瀬の自宅1階部分が水没して大規模半壊したためのトラウマだろうか。 もうあんな被害はこりごりで、 雨が降るたびに 「またか…、 今度は大丈夫か…」と憂鬱(ゆううつ) になる。
 それにしてもいつも思うが、頼らざるを得ないものの、 あまり当てにならない天気予報。 今回の台風4号もどうだったか。紀伊半島に接近する直前まで紀北に上陸するコースが予想されていたが、 結局は大きくそれて最南端に上陸して通過していった。一応警戒はしておいて、 大きな被害が出なければそれはそれでいいことだが、もう少し予報の精度が上がらないものだろうか。 中には自主避難した人もおり、 その心労を考えると、的確な情報がほしい。そういう筆者も今回の雨で避難こそしなかったが、「もう少し日高川の水位が上昇したら今度こそは1階の家財道具を2階へ移動させておこう」などと考えながら、また大水害のときの眠れぬ夜を思い出した。
 しかし、災害に対するこういった危機意識というか緊張感は常に持ち続けていかなければならない。 むやみやたらに不安がるのはよくないと思うが、「どうせ台風が来ても大したことはないだろう」 という油断は禁物。 これから先、 何十年、 何百年、 そして未来永劫、「備えあれば憂いなし」を忘れてはならない。 ちなみに頼らざるを得ない天気予報によると、24日から梅雨前線の影響でまた雨らしい。 日高川は増水したままで、 引き続き水位や土砂崩れに警戒が必要だ。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る