日高川町の道の駅計画 予算案は否決

 日高川町議会は21日午後再開。 3月議会でいったんは白紙となった初湯川の道の駅整備事業の測量設計委託料1050万円が含まれた補正予算案を9―6の反対多数で否決した。 これによって道の駅整備事業は事実上凍結。 補正予算案には災害復旧費をはじめとする急を要す重要な予算が計上されていることから、 町側は同整備事業の関連費用を除いた予算案を再提案、 25日午前9時から開会する臨時議会で審議される。
 道の駅整備事業は国道424号平大橋西、若者広場付近を造成整備し、椿山ダム近くの地盤沈下で改修が必要な美山産品販売所を移転、国の支援で道の駅として新設する計画。産品所のほか、トイレ、駐車場、飲食ブースなども併設。平成26年度完成を目指していた。総事業費は約2億円。
 この日午後からの補正予算案の審議では、質疑に続いて討論に入り、反対派からは道の駅計画についての意見が集中。林睦二議員は「将来の展望が不安。希望的観測が多く、現実的に考えてほしい」、入口誠議員も「計画内容は3月から本質的に変わっていない。後世へ借金を残す可能性のある施設」、信濃大典議員は「3月議会から3カ月たったが住民の不安が払しょくされるような計画ではない」と訴え、原孝文議員は「他の案件の予算と抱き合わせてではなく、本来なら別々に提案すべき。すぐに執行しなければならない予算もある」と提案の方法について痛烈に批判した。これに対し賛成派の山本啓司議員は「地域の声が運営に生かされるはず。今後納得できる事業プランが提示していただけると信じている」、龍田安廣、堀江才二両議員は「美山の活性化にどうしても必要な施設」、山口武議員は「レストランを外して身軽となった計画を評価したい」と計画推進へ意欲を見せ、小畑貞夫議員は予算案に「災害復旧費や子どもたちの費用など町民の思いが詰まっている。予算案を認めることこそが正しい判断」と賛成の姿勢を見せた。採決の結果、反対は瀧口俊和、熊谷重美、堀辰雄、入口、林、原、信濃、山本喜平、柏木道生の9氏。賛成は井藤清、山本啓司、堀江、龍田、小畑、山口の6氏。玉置俊久町長は「こちらの思いが十分に伝わらなかった。非常に申し訳なく思っている。議会の判断は真摯(しんし)に受け止めます」と話している。
 計画をめぐっては、3月議会で当初予算案に設計委託料と造成費6111万3000円が計上されたが、一部議員が見直しを求めて同事業費を削除した修正案を提案。8―7の賛成多数で可決され、計画は白紙に戻った格好になっていた。
 補正予算案には道の駅事業の測量設計委託料のほか、昨年の台風12号で被害を受けた皆瀬橋、丸山橋の改良復旧工事費など災害復旧費や暑いシーズンを前に小学校のエアコン購入費など、早期執行しなければならない重要な予算も多数ある。こうしたことから町側は原案ではなく、道の駅事業を除いた修正案で再提案することにしており、25日の審議では全会一致で可決すると見られる。

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっとのぞきに来てください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る