柏木御坊市長 森岡産廃で県へ意見具申

 市内森岡地区産業廃棄物処分場建設計画への意見具申を保留している柏木征夫市長は20日、 議会一般質問の中で産廃反対派が懸念している埋め立て品目追加に触れ「いまは予定の8品目以外考えていない」 と明言し、 県に8品目の順守を求めていく考えを示した。 住民の不安の声にある程度配慮しながらも、 計画に反対することなく容認するスタンスといえそうだ。
 楠本文郎議員が「住民の不安の声をどこまで聞いてくれるのか」 と質問したことに対する答弁。 最初に楠本議員は県の第3次廃棄物処理計画に基づく将来的な県内の最終処分量の数値を示しながら、 「いま県内に森岡のような新たな処分場建設は必要ない。 森岡処分場の容量は150万㌧、 8品目で15年間埋め立てる計画だが、 到底期間内に満杯になるとは思えない。 そうなると、 民間経営の観点から計画した処分容量を確保しようと、 8品目以外も追加するなど廃棄物をかき集めるようにならないか。 県は申請すれば追加も可能としており、 ダイオキシンの恐れがある焼却灰や、 成分不明の製鉄の残りかす (鉱さい) を持ち込むようになるのではないか」 と指摘した。
 これを受けて柏木市長は 「県内で処分場をつくっても埋め立てる廃棄物がなく、 容量が余るというが、 余るのならそれはそれでいいこと。 将来のために捨てる場所を確保しておくことも大切」 と切り返しながらも、 「いまの計画は8品目となっており、 それ以外考えていない」 ときっぱり。 さらに 「計画に反対している塩屋の会のメンバーから提出された要望書を精査して、 心配ごとのないような方法にしていきたい。 意見具申は、 地域の人が心配しないよう県に真摯 (しんし) に考えてもらう内容にしたい」 と述べた。
 答弁の中では 「8品目を順守するよう県に求める」 とまで言及しなかったが、 県への意見具申の内容は、 住民の不安にも配慮して8品目順守の方向で調整されるとみられている。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る