普段も「聴く」を大事に

 記事を書くうえで、 同じ読み、同じような意味の熟語に使い分けがある。 例え ば「かんしょう」。「観賞」 は「見て楽しむ」 の意味で映画、 自然、花、風景などと一緒に用いられる。「鑑賞」は「芸術作品などを味わい理解する」で、絵画や能楽。「観照」は「客観的に見つめ本質を思索する」とあり、自然、人生などの言葉とセットになることが多い。このような使い分けは記事を書く時に参考にする「記者ハンドブック」 に記載されており、「きく」などもそれ。「聞く」 と 「聴く」は、きく態度によって使い分けるようにとされている。簡単にいえば 「聞く」 は一般的に広く使われ、「聴く」 は注意深く耳を傾ける意がある。
 「聞」と「聴」。同じように「耳」という字が使われているが、「聴」にはさらに大事なものがある。つくりを見てみると、「十(プラス)」、「目」、それに「心」。すなわち記憶に残し、相手が話したことを自分のものにするためには耳を傾けるだけでなく、相手をよく見て、さらに心(気持ち)も入り込まなければならない。先日の由良中防災教育。講師の海上自衛隊員は「(大地震が発生しても)この中学校で1人の犠牲者も出したくない」との強い思いで、本題について話される前にこの「きく」の意味を紹介し、生徒に「聴いてほしい」と訴えていた。
 「聴く」は、コミュニケーションに一番重要な行為だと思う。 親子同士はもちろんのこと、友人同士、 上司と部下、 同僚同士。 それに政治家にもその態度は忘れてもらいたくはない。 ちょっとした行き違い、すれ違いで大きな事件にまで発展するご時世。 仕事ではいうまでもないが、普段ももっと聴くを大事にしていきたい。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る