県が公募の農林水産研究テーマ決まる

 県が初めて一般から公募した農林水産分野の研究テーマが決まり、 由良町産業建設課が要望した農作物有害獣類の捕獲手法の開発など12のテーマが選ばれた。 昨年度までは県の関係課や研究機関の発案で研究テーマを決めていたが、 本年度は市町村やJA、 漁協、 一般の生産者らにも対象を拡大。 応募があった105件の研究テーマの妥当性、 目標達成の可能性などを審査し、 外部機関の評価を経て決定した。
 県内の第1次産業も生産者の高齢化、 後継者不足が深刻で、 新たな労働力の確保のためには所得の向上が大きな課題。 県は本年度、 本庁の農林水産総務課内に研究推進室を新設し、 農業や果樹、 林業など県内9試験場を統括していた農林水産総合技術センターを廃止してその機能を本庁に集約。 新たな取り組みの一つとして、 各試験研究機関が取り組む研究テーマを一般から公募した。
 提案者の内訳は、 多い順に県・市町村が35件、 生産者団体が27件、 農林水産関係試験場が26件、 関連企業が7件、 個人が7件、 大学が3件。 内容は野菜・花き・米に関するものが32件と最も多く、 次いで果樹が26件、 林業が22件、 畜産が13件、 水産が12件だった。
 研究推進室と学識者、 生産者代表らによる評価の結果、 日高振興局農業振興課が提案した 「スターチスの新電照栽培技術の開発」、 みなべ町の清川出荷会とJA紀南販売課が提案した 「ウメ新品種 『露茜』 の6次産業化の推進」、 由良町産業建設課が提案した 「難防御獣類の安全で効率的な捕獲手法の開発」 など12件のテーマが選ばれた。
 由良町では、 地域の主力農産物のミカンがサルに狙われる被害が多く、 生産者からの被害届を受けた町が猟友会会員の 「追い払い隊」 に駆除を依頼しているが、 広域に移動・生息するサルを効率的に捕獲できていないのが現状。 今回の公募で県に対して研究を要望したところ、 果樹試験場と林業試験場でGPS首輪によるサルの群れの行動パターン調査、 既設囲いワナ等の実態調査からの捕獲マニュアルの作成などを進め、 シカも合わせて効率的捕獲手法を調査研究することに決まった。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る