梅といえばダイエット

 梅の果実の中に含まれている成分が脂肪を効果的に燃焼させる効果があることが、サッポロ飲料㈱(本社・東京)等の研究で分かった。マウスの飼料に梅干しをつくる過程で生成される梅酢ポリフェノールを含有させて与えたところ、細胞内でエネルギーを生産する遺伝子群の発現量が増加し、脂肪を燃焼させてエネルギー生産を促進した。細胞内に脂肪を蓄積させないという効果もみられたという。同社では梅を使ったメタボ対策飲料や健康食品の開発を目指す。
 数カ月前には「トマトがダイエットに効果的」と報じられ、一時は小売店でトマトがなくなるというほど爆発的な売れ行きをみせたという。今回はトマトの時のようなことには至っていないが、何かきっかけさえあれば同じような現象が起こる可能性もある。そうなれば、産地にとっては大きなプラス効果が発生する。
 商品を売るには、「中身さえ良ければ物は売れる」という考え方だけでは通用しない。消費者にどれだけ付加価値を与えることができるかということも大事だ。だからこそ企業はパッケージなどにも気を遣い、アイデアを凝らす。梅も同じこと。もちろん、ブランドにふさわしい品質でなければならないが、消費者の心をくすぐるような仕掛けが必要だ。そういう意味では今回の研究結果の「脂肪燃焼効果」は消費者に強いインパクトを与える。
 みなべ町ではさまざまな手法で梅の消費拡大PRを実施。これまでの研究で胃がんや糖尿病予防などの効果を解明し、健康面の機能性を全面に押し出している。今後は「梅といえばダイエット」という消費者に対する意識付けに取り組み、産地が活性化することを願いたい。  (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る