梅愛隊の梅加工講習会好評

 南高梅の本格的な収穫シーズンでJAみなべいなみの消費宣伝部隊 「梅愛隊 (うめあいたい)」 の活動もピークを迎え、 全国各地で梅加工講習会を展開している。 発足3年目のことしは関東から沖縄までの百貨店や学校など30カ所に足を運んで梅干しや梅酒の作り方を指導しており、 参加者からは 「本場の主婦に教わる滅多にない機会」 と大好評。 南高梅のPRと消費拡大に一役買っている。
 同JAでは10年以上前から職員らが全国の市場等を通じて加工講習会を開いてきたが、 3年前からみなべ町の主婦で 「梅愛隊」 を結成。 料理のベテランが講師となり、 全国を飛び回って本場仕込みの梅酒や梅ジュース、 梅干し作りを伝授している。
 ことしは7人のメンバーが会場別に手分けして展開。 梅の収穫シーズンに合わせて5月下旬から今月下旬までの約1カ月間、 沖縄や広島、 名古屋、 千葉、 東京、 茨城など約30カ所を訪問。 対象は現地のJA女性会や小中学校の児童生徒、 自治会単位など年代も幅広い。 最近は健康志向や熱中症への対策で梅への関心は高く、 梅ジャム、 梅ご飯の作り方など梅愛隊のバリエーションも豊富になっている。
 発足当時からメンバーとして活躍している小川昭子さんは 「3年前と比べても、 梅への関心は年々高まっているように感じる。 どこへ行っても紀州みなべの南高梅の名前を知ってくれており、 知名度の高さにうれしさと、 いいものを提供しなければという責任感も感じています。 百貨店でお客さん一人一人に丁寧に教えていると、 やはり顔を見せてコミュニケーションを図りながら消費宣伝すれば効果が高まることを実感してます」 と、 地道な活動が消費拡大につながっていることを肌で感じている。
 同JAでは 「梅愛隊の皆さんの活躍で南高梅の名前が着実に浸透していると思います。 話が上手な人ばかりなので、 みなべのイメージアップにも貢献してくれています。 来年以降も続けていきたいですね」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る