梅愛隊の梅加工講習会好評

 南高梅の本格的な収穫シーズンでJAみなべいなみの消費宣伝部隊 「梅愛隊 (うめあいたい)」 の活動もピークを迎え、 全国各地で梅加工講習会を展開している。 発足3年目のことしは関東から沖縄までの百貨店や学校など30カ所に足を運んで梅干しや梅酒の作り方を指導しており、 参加者からは 「本場の主婦に教わる滅多にない機会」 と大好評。 南高梅のPRと消費拡大に一役買っている。
 同JAでは10年以上前から職員らが全国の市場等を通じて加工講習会を開いてきたが、 3年前からみなべ町の主婦で 「梅愛隊」 を結成。 料理のベテランが講師となり、 全国を飛び回って本場仕込みの梅酒や梅ジュース、 梅干し作りを伝授している。
 ことしは7人のメンバーが会場別に手分けして展開。 梅の収穫シーズンに合わせて5月下旬から今月下旬までの約1カ月間、 沖縄や広島、 名古屋、 千葉、 東京、 茨城など約30カ所を訪問。 対象は現地のJA女性会や小中学校の児童生徒、 自治会単位など年代も幅広い。 最近は健康志向や熱中症への対策で梅への関心は高く、 梅ジャム、 梅ご飯の作り方など梅愛隊のバリエーションも豊富になっている。
 発足当時からメンバーとして活躍している小川昭子さんは 「3年前と比べても、 梅への関心は年々高まっているように感じる。 どこへ行っても紀州みなべの南高梅の名前を知ってくれており、 知名度の高さにうれしさと、 いいものを提供しなければという責任感も感じています。 百貨店でお客さん一人一人に丁寧に教えていると、 やはり顔を見せてコミュニケーションを図りながら消費宣伝すれば効果が高まることを実感してます」 と、 地道な活動が消費拡大につながっていることを肌で感じている。
 同JAでは 「梅愛隊の皆さんの活躍で南高梅の名前が着実に浸透していると思います。 話が上手な人ばかりなので、 みなべのイメージアップにも貢献してくれています。 来年以降も続けていきたいですね」 と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ボクはどれにしようかな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る