県医科大がロボット支援手術導入へ

 県立医科大学(板倉徹学長)は14日、泌尿器や消化器系のがん治療の水準向上へ、最新のロボット支援手術「ダヴィンチ」を導入すると発表した。従来の開腹せずに内視鏡等を挿入して行う腹腔鏡手術が進化した術式で、執刀医はモニターを見ながら指先に装着するコントローラーを動かし、患者の体内に挿入する自由度が高い鉗子(かんし)を遠隔操作。すでに海外では標準的な術式として確立、国内でも前立腺全摘手術が保険適用され、同大付属病院では早ければ年内にも運用がスタートする。
 ロボット手術は軍事医療の分野からアメリカで研究・開発が進み、現在、世界的に導入が進んでいるロボット支援手術の中で「ダヴィンチ」は代表格。アメリカのインテューティブサージカル社が開発した。県立医科大泌尿器科の原勲教授によると、泌尿器や消化器、婦人科系のがん摘出手術は現在、開腹せずに炭酸ガスで膨らませた腹腔内に内視鏡や電気メスを挿入して行う腹腔鏡手術が主流となっているが、ダヴィンチはこれに代わるさらに進化した術式として海外では急速に普及しつつある。国内はことし4月に前立腺の全摘手術が保険適用となり、現在までに全国で約40台が稼働。近畿では京都大、神戸大など3つの医療機関に導入されており、和歌山県立医大は近畿で4番目となる。
 ダヴィンチの手術は、執刀医が患者から離れた場所で、専用の3次元画像モニターを見ながらいすに座ってロボットを操作。医師の指先の動きがケーブルを通じて、患者の体内に入るロボットアーム先端の鉗子に伝わり、人の手首以上に自由度が高い動きで腫瘍の切除、縫合などを行う。まるで患者の体内に入ったかのような感覚で、直感的な動きで繊細、正確な手術ができるという。
 システムの費用はざっと3億1000万円。県立医大付属病院では現在、年間約70件程度の前立腺がん全摘手術を開腹・腹腔鏡で行っており、ダヴィンチ導入後は約90件程度になると予測。原教授は「高度先進医療の象徴でもあるダヴィンチを、南近畿で初めて導入できることは、県民にとって大きな福音となることは間違いない。今後、動物を使ったトレーニングや実際の症例を想定したシミュレーションを重ね、早ければ年内、遅くとも来年3月までには稼働させたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る