御坊市・日高広域消防に新型救助機材

 市と日高広域両消防本部は、コンクリートや鉄でも切断、掘削できる新しい救助機材を導入した。南海地震など大規模災害の発生が懸念されている中、倒壊した家屋からの救助活動等に威力を発揮する優れもの。充電式のため電源がなくても使用できるなど機動力抜群で、1分1秒を争う災害現場での救命率アップにも期待されている。
 両消防とも、大きな災害が発生したときに他府県にも出動する緊急消防援助隊に登録していることから、国からの支給を受けた。導入したのは木材はもちろん、コンクリートや硬質ゴム、鉄管、合成樹脂などあらゆるものを切断できる電動ノコギリタイプの「レシプロソー」と、電動ドライバータイプの「ロータリーハンマードリル」の2種類。専用の刃やドリルをワンタッチで取り付けるとすぐに使用可能。充電式で、停電などで電源を確保できなくても活動できるなど機動力抜群。災害時だけでなく、交通事故などで車内から救出するときなど幅広く使用できる。
 両消防とも救助工作車に搭載している。日高広域消防の山西良一警防課長は、「近い将来の発生が予測されている南海地震だけでなく、大雨や台風による土砂災害なども懸念される。災害時には手軽に使える機動力を発揮して、人命救助につなげたい」と力を込めている。

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る