日高川町が道の駅事業再提案へ

 3月議会で本年度当初予算の修正案が可決され、 白紙となった初湯川の道の駅整備事業で、 日高川町は15日に開会する6月議会で計画実施に向けた測量設計委託料として補正予算案に1050万円を再提案する。 新たな計画では、 地盤沈下が懸念された建設地を若者広場寄りの安定した場所に移動したものの、 それ以外の計画自体は変わっておらず、 21日の議案審議が注目される。
 道の駅計画は、 国道424号平大橋西、 若者広場付近を整備し、 椿山ダム近くの地盤沈下で改修が必要な美山産品販売所を移転、 国の支援で新設する事業。 規模は中津産品所と同等の260平方㍍。産品所のほか、 トイレ、 駐車場、 食堂なども併設する考えで、 平成26年度の完成を目指している。 総事業費は約2億円で、 町はそのうち設計委託料と造成費など6111万3000円を当初予算案に計上したが、 3月議会では新施設の規模や場所、 維持管理、 売り上げ面の不安などから計画の見直しを求めて一部議員から当初予算案の修正動議が出され、 議会は同事業費を除いた修正案を8対7の賛成多数で可決。 計画はいったん白紙に戻った格好になっている。
 建設場所については、 前計画ではサツキの植え込みで 「ようこそみやまへ」 の文字を書いている若者広場斜面を造成することにしていたが、 切り土・盛り土の両方をする工法と建設場所の不安定さを指摘する声があった。 今回の計画では、 若者広場寄りにずらして盛り土をしない工法とし、 建設地の安定化を図るよう見直した。 建設場所は改善されたものの、 見直しを求める理由に挙げられた新施設の規模や内容、 維持管理面などの不安は解消されておらず、 議案審議では3月議会同様に再び混乱も予想される。

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る