消防救助技術 吉田さん全国大会へ

 県下消防救助技術大会が8日、 和歌山市の消防学校で開催され、 ロープブリッジ渡過に出場した日高広域消防中津出張所の吉田一也消防士(25)=美浜町=が見事初優勝。 4度目の挑戦で念願の全国大会出場切符を獲得した。 同消防からの全国出場は16年ぶり6人目となる。 一発勝負の本番では自己ベストを更新する18秒20の好タイムでライバルをわずかに上回り、 僅差の2位だった前回 (2年前) の雪辱を果たした。
 実際の現場で実践されている救助技術の向上を目指して毎年開催されているが、 昨年は東日本大震災の発生を受けて中止されており、 ことしは2年ぶりに開かれた。
 ロープブリッジ渡過は、 水平に張ったロープの上を、 20㍍地点までは腹ばいになって腕の力で進み (セイラー渡過)、 折り返してからはぶら下がる格好 (モンキー渡過) でゴールまでのタイムを競う競技。 県内各消防署から20人が参加した。 一人ずつ順番に競技し、 全員終了してからタイムが発表される形式で、 吉田選手は有力な数人のライバルがすでに競技を終えたあとの16番目に登場。 「優勝候補の一人だった選手の競技を見て、 正直これは速いと思いましたが、 『絶対に勝ってやる』 と逆に燃えました」 とモチベーションを高め、 小雨のぱらつく中もなんの、 2カ月余りに及ぶ訓練の成果を見事に発揮してゴール。 「勝てたかどうかは微妙で、 本当に分かりませんでした」 と少し不安もあったが、 成績表が張り出されると2位の選手を0・2秒上回っており、 思わず 「よしっ」 と声が出るほどうれしかったという。
 消防隊員になって5年、 救助大会は4度目の挑戦で、 「前回はあと一歩で全国に届かなかったので、 悔しさをバネに練習に励みました。 自己ベストを0・1秒更新して優勝できてうれしい」 と笑顔。 8月7日に東京で開催される全国大会には 「まだ2カ月あるので、 走り込みで体重を1㌔ほど減量して臨みたい。 県大会では得意のセイラーで少し納得できない部分があったので、 まだタイムを縮められる余地はあると思う。 自己ベストを更新して一つでも上を目指したい」 と張り切っている。 佐々木一消防長は 「16年ぶりの快挙。 日高広域消防の名を全国に広められるように頑張ってほしい」 とエールを送っている。
 同大会には同消防から2競技に8人、 市消防から1競技に1組が出場。 ロープブリッジ渡過で芦硲智浩消防士と庄司朋也消防士、 はしご登はんで山本昌史消防士 (いずれも広域消防) が入賞した。

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る