小さいことを積み重ねて

 大リーグシアトルマリナーズのイチローは、子どものころから野球の練習に明け暮れ、バッティングセンターでは普通の速球では満足できず、イチロー専用の打席があったという。人間だれしも持って生まれたものもあるとは思うが、どんな才能であれ開花させるかどうかは本人の努力次第であることはいうまでもない。スポーツの世界ではなおさらのことだ。まさに努力に勝る天才なし。そのイチローの言葉、「小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ」。プロスポーツ選手、なかでも超一流の選手は努力がけた外れなのだ。
 野球少年の夢であり、目標の代名詞がイチローなら、サッカーでは世界最優秀選手に選ばれたバルセロナのエースでアルゼンチン代表のメッシだろうか。日高地方にもやはりメッシに憧れている、いま最も注目を集めているサッカー少年がいる。御坊キックマンに所属する佐藤瑠威君だ。県のゴールデンキッズにも選ばれており、先日取材する機会があった。小学4年生ながらずば抜けた身体能力とサッカーセンスは関係者をうならせる。10人しか入れないJリーグセレッソ大阪のU―11エリートクラスに、5年生に交じってただ一人4年生で選出されている逸材だ。
 瑠威君の最も特筆すべきは、練習や試合で「きょうはここが悪かった」という点をノートに書きだし、次の練習で課題を克服すべく努力している点だ。まだ4年生、期待をかけ過ぎるのが筆者ら大人の悪いクセだが、サッカーに対するひたむきな姿勢をこれからも貫いてほしい。そうすれば結果はついてくるだろう。前述のイチローの言葉を借りて、エールとしたい。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る