ミニカーで日本一周 朝倉さんが日高入り

50ccのミニカーで日本一周の旅に挑戦している冒険家の朝倉くみこさん(33)=北海道出身=が7日、日高地方入り。真っ赤なボディーのかわいい車で国道42号を南下し、ドライバーらの話題となった。地域の情報をブログで紹介しながら、人との交流を楽しむ毎日で、和歌山は「温かい人ばかり」と感動。「わたしを見てチャレンジする精神を持ってほしい」とメッセージも送ってくれた。
 北海道の高校を卒業してからこれまで30カ国で留学と旅を続けてきたが、「国内をじっくり見てみたい」と今回の旅を計画。「誰もやったことがない方法で」と最高時速55㌔のミニカーで挑戦することになり、昨年10月8日、東京の表参道から「所持金ゼロの一人旅」に出発した。ガソリンや食事は、店と交渉してトイレ掃除や窓拭き、皿洗いを手伝って提供してもらうギブ&テイクでゲットしながら、日本海側を南下。各地域のスポットをブログで紹介したり、人との出会いを楽しみながら沖縄、四国、山陽を通過して関西に入り、去る5日、30都府県目となる和歌山に到着した。
 和歌山と有田で出会った人に泊めてもらい、7日に日高地方入り。正午ごろに御坊市役所駐車場に立ち寄ると、目立つミニカーを見つけた地元住民から「珍しい車やなぁ」と声をかけられ、気さくに会話を楽しんでいた。朝倉さんは「和歌山の人はすごく温かくて、きのうもテントで寝ようとしていたら家に招き入れてくれました」と笑顔。名田町や印南町の美しい景色、 みなべ町の梅畑などを見ながら紀南を目指した。
 屋根なしのオープンカーで、雨やこれからの季節は暑さが最大の敵。「冬は沖縄で乗り切りましたので、本格的な夏を迎えるまでには北海道に入りたい」と、今後は三重から東海を通過して北上するつもりで、ゴールは秋ごろに予定している。「日本は隣近所のつながりが希薄化して冷たいのかなと思っていたが、温かい人ばかりだと再認識できたことが旅での一番の収穫。ゼロ円の旅なので、3日間飲まず食わずも覚悟していたのですが、皆さん親切で、差し入れしてもらうこともしょっちゅうあって、皆さんの支援のおかげですごく順調です」。応援してくれる多くの人に伝えたいこととして、「チャレンジすることで人との出会いが生まれる。わたしの姿をみて何かに挑戦する人が一人でも増えてくれればうれしい。わたしもこの旅を達成したら、次はヨットで世界を回りたい」と力を込めている。
 朝倉さんのブログは、「ミニカーで日本一周」や「朝倉くみこ」で検索すれば見れる。「どこかで見かけたら気軽に声をかけてください」とPRしている。

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る