印南の日裏町長が2度目の所信表明

 3月議会で所信表明を他町から引用し議会から警告・やり直しを求められていた印南町の日裏勝己町長は、 7日に開会した6月議会であらためて所信を表明。 3月議会と内容はほぼ同じだが、 引用個所を削るとともに自身の言葉に置き換え思いを再度表明したが、一部議員からは「言い方を変えただけで、 中身がない」 などの声もあった。  3月議会の所信表明引用は千葉県東庄町長、 神奈川県寒川町長の所信表明などから引用し、 同じ言葉が数十文字続く個所が複数あり、 中には句読点の場所を含め100文字以上まったく同じ個所もあった。
 今回の所信表明の内容は政策担当課などと共同で作成。 日裏町長は、 まず 「事実関係調査特別委員会の意見書に従い、 あらためて所信の一端を申し上げたい」 と前置き。 前回と同じく選挙中に掲げていた 「産業振興」 「福祉充実」 「防災のまちづくり」 「教育の充実」 「行財政改革」 の5つを中心に取り組んでいくことを強調し、 「住民目線のまちづくり」 をスローガンに取り組む姿勢をあらためて示した。
 前回の文章と比べると、 農業振興では東庄町の 「また一方で、 担い手の減少や高齢化が進む中で、 集約化や効率化の推進を図っていく必要があります。 智恵を出し合い、 経営感覚に優れた収益性の高い農家や農業団体の育成を図ってまいります」 とあった個所は、 「経営担い手の育成を推進していくことも重要であると考えております」 と簡略化。 東庄町の 「見守りネットワーク」 の言葉や 「ふるさとが人を育み、 人がふるさとを創る」 などのキャッチフレーズを削除するなど、 全体的に前回より短くまとめた。 内容はほとんど変わっていないが、 日裏町長は 「前回の所信表明と(引用はあったものの) 思いは同じだったため、 今回も大きく変更はしていない」 と話している。 引用を指摘した井上孝夫議員は 「角度を変えて言い方を変えただけ。 自分が町をどうしたいのかという思いは伝わらなかった」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る