県高校総体 柔道と剣道で日高地方勢活躍

湯川高校総体剣道.jpg
湯川高校総体柔道.jpg
 県高校総合体育大会剣道、柔道の両競技が終わり、剣道では日高勢が大活躍。橋本天馬君(3年)が優勝、同校から個人戦31年ぶりとなるインターハイ出場を決め、田甫友希さん(2年)が3位入賞で同じく16年ぶりの近畿切符を手にした。団体戦でも女子が3位入賞を果たし、10年ぶりの近畿出場を決めた。柔道では紀央館勢が女子団体戦で2年ぶり13回目のV、女子個人戦で4選手が優勝と素晴らしい成績を残し、それぞれインターハイ出場権を獲得した。
 剣道 1日から3日まで和歌山ビッグホエールで熱戦を展開。男女とも団体戦は優勝校がインターハイ、上位8校が近畿大会へ。個人戦は優勝と準優勝がインターハイ、上位4選手が近畿大会へ出場する。インターハイは8月6日から9日まで新潟県、近畿大会は7月14、15の両日、和歌山県で開かれる。
 男子個人戦の橋本君は2回戦から登場し、初戦を2―0。3回戦から決勝までの5試合は2―0、2―0、1―0、2―1、1―0で制した。「離れたところからでも面を打てるのが持ち味。それが出せた」とスピードを生かした鋭い動きが光り、決勝では前日に団体戦の大将戦で敗れた相手に見事、面1本でリベンジ。「団体戦で負けた悔しさをぶつけられた。みんなのためにも勝とうという、強い気持ちがあったのがよかった」と笑顔を見せた。インターハイ、近畿とダブルで出場権を獲得し、近畿出場も男子個人戦では日高勢22年ぶりの快挙。両大会へ向けては「やるからには上を目指して、日高の名前をアピールしてきたい」と力強く語った。
 女子個人戦の田甫さんは1回戦から準々決勝までの5試合をすべて1―0で勝ち上がり、準決勝は惜しくも0―1で敗れた。
 女子団体戦の日高は先鋒・田甫さん、次鋒・垣内彩和さん(2年)、中堅・楠本梨里子さん(同)、副将・伊藤依里佳さん(同)、大将・山本真穂さん(3年)、補欠・古川泰子さん(2年)、同・砥嶋里花さん(同)の7選手がメンバー。予選を2戦全勝で通過すると、準々決勝は1―1から山本さんが県内一、二の強豪との代表戦を制して勝利し、準決勝で近大和歌山に1―3で涙をのんだ。井上和也監督は「みんなで近畿大会に行くというのが目標だった。団体戦で敗れた男子の思いも持って、部員9人みんなで戦えた結果だと思う。近畿では予選リーグ突破を目標に、1勝でも多く勝ちたい」と話していた。
 その他の地元勢では、男子個人戦で中田賀已君(日高3年)が5位入賞と健闘した。
 柔道 2日から4日まで白浜町立白浜体育館で行われた。男女とも団体戦、個人戦優勝が8月2日から6日まで富山県で開催されるインターハイへ出場する。
 紀央館女子のメンバーは、先鋒・岡本希望さん(1年)、中堅・宮﨑さくらさん(同)、大将・戸村紀子さん(2年)、補欠・松下沙都さん(1年)の4選手。予選で県和歌山商を2―1、和歌山北を3―0で破り、決勝トーナメントでは1回戦不戦勝、準決勝で熊野を3―0、決勝で箕島を2―0でそれぞれ破った。4試合全勝で優勝に貢献した戸村さんは「1、2年生ばかりでまだこれからのチーム。優勝できたのはよかったけど、インターハイまでに修正しないといけないところがたくさんあります」と話し、インターハイへ向けては「ベスト8を目標に、練習を頑張っていきたい」と抱負を語った。
 紀央館勢の女子個人戦優勝者は、48㌔級の谷葉月さん(1年)、52㌔級の吉田瑠奈さん(2年)、63㌔級の戸村さん、78㌔級の宇治玲菜さん(2年)。谷さんは「練習ではうまくいかないこともあったが、試合ではいいところが出せた。インターハイでは一つでも上を目指したい」、吉田さんは「県大会で優勝は初めてで、とてもうれしい。次も応援してくれる人に恥じない試合をしたい」。戸村さんは「練習してきた内股を使えたのが収穫。全国では3位入賞を狙いたい」、宇治さんは「練習でやってきたことがあまり出せなかったので修正したい。インターハイではまず1勝が目標」とそれぞれ話した。
 その他の地元勢では、男子60㌔級で籔田大晴君(和高専2年)が2位、三原大知君(日高3年)が3位。同81㌔級で竹輪真吾君(耐久3年、丹生中出身)が3位に入賞した。女子は、48㌔級で宮村愛佳さん(紀央館2年)が2位、小杉唯菜さん(同1年)が3位。57㌔級で松下さん(紀央館1年)が2位、上平朋加さん(耐久2年、中津中出身)が3位となり、70㌔級で岡本さん(紀央館1年)が3位、78㌔超級で宮﨑さん(同1年)が2位と健闘した。

関連記事

フォトニュース

  1. みーやちゃん ツイッター始めました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る