大成中出身の近田選手 大阪桐蔭の4番で大活躍

 今春のセンバツ高校野球大会覇者・大阪桐蔭 (大阪) の近田 (きんでん) 拓矢選手=2年、大成中出身=が、春季近畿大会で大活躍を見せた。 今大会からベンチ入りを果たし全3試合に4番一塁手で出場、 準決勝の明石 (兵庫) 戦で3安打2打点と大暴れするなどチームを優勝に導いた。 元五輪キューバ代表の主砲にちなんだ和製キンデランとの愛称を持つ逸材。 夏の選手権大会をはじめ、 今後の活躍に全国から注目が集まっている。
 明石戦。 キンデランが突破口を開いた。 打線は相手投手の前に沈黙していたが、 4回2死一塁から近田が強烈な打球の左中間二塁打を放って1点を先制。 1―1で迎えた6回には2死三塁から左前へ決勝打を放つなどの活躍で、 チームの勝利に貢献した。
 西谷浩一監督がキンデランと名付けるほどのパワーヒッター。 180㌢、 82㌔の体格から繰り出されるスイングスピードはチームトップの153㌔、 握力も75㌔の怪力。 センバツ大会では選手層が厚く、 守備面に不安があることなどからベンチ入りできず、 アルプススタンドで校旗を掲げてチームメートを応援。 優勝に大喜びする一方で、 自身がグラウンドにいないことに悔しさを感じた。 今春の私学大会では6試合5本塁打と爆発し、 西谷監督が 「飛距離は同校出身のプロ選手、 中田翔 (日本ハム) に迫る」 という逸材が一気に開花。 今大会でいきなり4番に抜てきされ、 5安打2打点の活躍、 成長をアピールした。
 センバツで4番、 一塁手で出場していた選手はケガが完治、 間もなく復帰する予定で、 チーム内の競争は激しくなる。 「夏のメンバー入りを果たし、 試合に出られるよう頑張る」 と意欲を見せた。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る