実際に体験してみる大切さ

 県商工会連合会などの商工会女性部主張発表県大会に日高ブロック代表として出場した日高町商工会女性部の川口明美部長。4月20日に初めての事業として行った「町内探訪」について感じたことなどを述べ、優秀賞を受賞した。町内探訪では原谷の熊野古道、志賀の誕生院、田杭のクヌッセン機関長救命艇保管庫などを巡り、熊野古道では「車を回送するサービスが必要。単に歩くのではなく、語り部の養成を働きかける必要がある」。誕生院では「絵解き説法は大変よいが、1時間は長すぎる。30分くらいに要約できないか」、さらにクヌッセン機関長救命艇保管庫については「音声や画像で偉業を説明できないか」との提言を盛り込んだ。
 日高町はクエや産湯海水浴場が有名だが、他にも観光資源はたくさんある。ただ、部員でもあまり知らない人が多く、女性目線で施設見学や体験を行い、その上で何か観光にプラスになることがあれば提言していこうと「町内探訪」が企画された。机を並べていくら議論をしていても、いいアイデアは浮かんでこない。前出の提言などは現場へ行ったから、また自分自身が観光客になったからこそ思いつくことだろう。
 防災訓練でも同じ。由良中の津波避難訓練に同行してみたが、「400㍍ほどの距離にある高台まで走って逃げれば安全」と頭では分かっていても、実際やってみると400㍍をなかなか全力で走りきれない。体験してみて初めて「ではどうするか」。そんな思いになって対策を考えるようになり、万一の時に役に立つ。
 議論先行で、頭でっかちになりがちな世の中。2つの取材から実際に自分自身が「やってみる」大切さをあらためて感じさせられた。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さん、頑張ってください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る