戦場カメラマン渡部さんが熱弁

 平成24年度第2回市民教養講座が2日、 市民文化会館で開かれた。 講師は 「戦場カメラマン」 ことフォトジャーナリストの渡部陽一さん。 各国の内戦や紛争について、 子どもたちの姿を中心に語った。
 渡部さんは独特のゆっくりした口調で、 大きなジェスチャーを使って訴えかけるように講演。「学生時代、憧れのピグミー族に会うためアフリカに行き、『アフリカで最も悲しい戦争』と呼ばれるルワンダ内戦に遭遇。銃を持った少年兵に襲われ、あどけない子どもたちの行為に衝撃を受け、帰国して皆に一生懸命話したが言葉だけでは理解されず、元々大好きだったカメラで子どもたちの声を届けられるのではと思いました」 と、 この道を選んだきっかけを説明。イラクで撮影した写真を紹介しながら、劣化ウラン弾の被害で体をむしばまれている子どもたちの悲惨な現状を語り、「戦争ではいつも犠牲者は子どもたち。 イラクで子どもたちが泣いています」と強く訴えた。また、ナジム氏という人が現地で学校を開き、 子どもに笑顔が戻ったことも紹介。「教室はボロボロの机といすだが、みんな一生懸命勉強しています。 イラクにとって子どもは宝、教育を施すことは義務、教育が生活の柱」と話した。
 質問コーナーでは 「生命保険には入れますか」「服はいつも同じだといううわさですが、 何か意味はあるのですか」など笑いを誘う質問が飛び出し、渡部さんは「生命保険には入れません。ベレー帽は妹のプレゼントでお守り代わり。ベストはヨルダンで、1着300円で10着まとめ買いしました」などと答えた。最後に「写真だけでなく、子どもたちの声を直接皆さんに届けられたことに感謝します。世界はもちろん、日本の子どもの声も世界中に届けることが目標です」と笑顔で締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る