戦場カメラマン渡部さんが熱弁

 平成24年度第2回市民教養講座が2日、 市民文化会館で開かれた。 講師は 「戦場カメラマン」 ことフォトジャーナリストの渡部陽一さん。 各国の内戦や紛争について、 子どもたちの姿を中心に語った。
 渡部さんは独特のゆっくりした口調で、 大きなジェスチャーを使って訴えかけるように講演。「学生時代、憧れのピグミー族に会うためアフリカに行き、『アフリカで最も悲しい戦争』と呼ばれるルワンダ内戦に遭遇。銃を持った少年兵に襲われ、あどけない子どもたちの行為に衝撃を受け、帰国して皆に一生懸命話したが言葉だけでは理解されず、元々大好きだったカメラで子どもたちの声を届けられるのではと思いました」 と、 この道を選んだきっかけを説明。イラクで撮影した写真を紹介しながら、劣化ウラン弾の被害で体をむしばまれている子どもたちの悲惨な現状を語り、「戦争ではいつも犠牲者は子どもたち。 イラクで子どもたちが泣いています」と強く訴えた。また、ナジム氏という人が現地で学校を開き、 子どもに笑顔が戻ったことも紹介。「教室はボロボロの机といすだが、みんな一生懸命勉強しています。 イラクにとって子どもは宝、教育を施すことは義務、教育が生活の柱」と話した。
 質問コーナーでは 「生命保険には入れますか」「服はいつも同じだといううわさですが、 何か意味はあるのですか」など笑いを誘う質問が飛び出し、渡部さんは「生命保険には入れません。ベレー帽は妹のプレゼントでお守り代わり。ベストはヨルダンで、1着300円で10着まとめ買いしました」などと答えた。最後に「写真だけでなく、子どもたちの声を直接皆さんに届けられたことに感謝します。世界はもちろん、日本の子どもの声も世界中に届けることが目標です」と笑顔で締めくくった。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る