みなべで中学生の主張大会

 中学生が自分の考えを発表する 「少年メッセージ2012 日高地方大会」 が3日にみなべ町保健福祉センターで開かれ、 優秀賞に 「考えよう!日本の未来」 を発表した南部中2年の岡田卓真君と「『ありがとう』 を伝えたい」 をテーマとした早蘇中3年の尾上蒼さんが選ばれた。 2人は、 7月28日に有田川町のきびドームで開かれる県大会に出場する。
 主催は日高地方青少年育成県民運動推進委員連絡協議会。 日高地方21校の代表者が参加し、 政治や日常生活で感じたことなどさまざまなテーマで熱弁を振るった。  
 岡田君は日本の政治や経済にスポットを当てて 「メディアから流れるのは山積みの問題ばかり。 ぼくたちが大人になったとき、 日本はどんな国になっているんだろう。 政府だけに問題があるのではなく、 ぼくたち国民にも何か問題があるのではないか」 とし、 まず 「選挙に行かない人の多さにはびっくりする」 と政治への関心のなさを指摘。 次に 「義務をきちんと果たしていない人がいる」 とし、 きちんと税金を納めていなかったり子どもに教育を受けさせなかったりする人がいることを取り上げた。 民主主義国家の日本のあり方については 「どんな日本にしていきたいのか僕たち一人一人がビジョンを思い描き、 それを政治に反映させる環境づくりが必要」 と訴えた。
 尾上さんは、 関節の病気で靴が履けなくなったり、 重い物を持つことやぞうきんを絞れることができなくなったことを話し、 「人の手を借りることが増え、 『ありがとう』 という言葉が次第に口ぐせのようになり、 それでは相手に感謝の気持ちが伝わるはずがありませんが、 気にもしていませんでした。 自分の病気があまりにも突然すぎてただ信じられず愕然としてつらい思いでいっぱいで、 感謝する余裕がなかったのかもしれません。 信じたくない現実をつきつけられて、 すべてのものから目を背け、 逃げていたいと思っていました」 と当時の心境を語った。 最後に 「友達、 家族がやさしく手を差し伸べてくれることは本当にうれしかった。 いまだから言えるこの気持ちをきちんと伝えたい。 だから心を込めて言います。 『ありがとう』。 この言葉の素晴らしさと笑顔を忘れずにいたいと思います」 と締めくくった。このほか大橋祐香さん (日高付属中3年) の 「気付かない幸せ」、赤松花音さん (中津中2年) の 「これからの自分」、 瀧脇まり子さん (松洋中3年) の 「食事の前に…」 が奨励賞を受賞した。

関連記事

フォトニュース

  1. 前から失礼いたします

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る