新月短歌会全国大会 田端さんに努力賞

 短歌の全国結社、新月短歌社(筒井早苗代表)の平成24年度全国大会が大阪市内で開かれ、同人の田端喜美子さん(79)=美浜町吉原=が努力賞を受賞した。10年前に脳梗塞で倒れてから左半身が不自由となり、外出には車いすが必要だが、大会には1人で出席。「JRの職員さんや会員の皆さんに助けていただいたおかげ。受賞も、大阪まで車いすで行けたことも忘れられない思い出になりました」と感激の面持ちで話している。
 田端さんは歌歴45年。 倒れてからも短歌は休みなく続けており、 地元で長くはまゆう短歌会会長、 現在は顧問。 北原白秋の流れを汲み格調の高さで知られる新月短歌社には25年前に入会、 和歌山支部の支部長を務める。
 新月は全国200人の会員がおり、 ことしは3人が努力賞を受賞。 年間の作歌活動が評価された同人に贈られる賞で、 日高地方からの受賞は今回が初めて。 全国大会は、 共に出席を予定していた友人が都合で行けず一度はあきらめたが、 会場がJR大阪駅と直結していることもあり、 乗り換えや移動の際はJR職員がサポートしてくれるときいて1人で車いすで出席した。 田端さんは 「環状線の延着で迎えの人には会えなかったのですが、 大阪駅の職員の方は改札を出て会場まで連れていってくださり、 本当にありがたかったです。 皆様のおかげで思い出深い全国大会となりました。 受賞は支えてくださった皆様のおかげです。 短歌を続けてきたことで人の温かさに触れることができ、 うれしく思います」 と喜びを話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る