まだまだ続く天文ショー

 「日食メガネまだありますか?」。先月21日朝、太陽が月に隠れてリング状に見える「金環日食」が国内で25年ぶりに観測され、大きな話題になった。関西では282年ぶり。日高川町のかわべ天文公園には全国各地から家族連れやカップルら200人以上が訪れ、約4分半にわたる神秘的な天文ショーに酔いしれた。次回の金環日食は北海道で2030年、関西では41年とまた当分見ることができないが、ことしは「天文のゴールデンイヤー」と呼ばれ、まだまだ金がつく天文ショーが続く。
 間近に迫っているのが、6月6日の金星の太陽面通過。太陽と地球の間に位置する金星が、太陽の前を横切る現象。約6時間かけてゆっくりと移動し、太陽に小さな穴があいたように見えるという。金環日食よりレアな天文ショーで、20世紀には一度もなく、今世紀は2004年6月8日と今回の2回。次回は105年後の2117年12月11日となる。さらに8月14日には月が金星を隠す「金星食」。その晩にはペルセウス座流星群の活動も活発になるため2つの天体ショーを楽しめる。
 正直、筆者はあまり天文現象には興味がなかったのだが、仕事とはいえ金環日食を見ることができてよかった。神秘的な現象もさることながら、「涙が出るくらい感激した」という大学院生や「金環日食のような美しいゴールドリングを期待しています」と胸をときめかす遠距離恋愛中の女性など、空に思いを馳せる人たちから話を聞けて温かい気持ちにもなった。6日の金星の太陽面通過は、ほとんどの人がおそらく生きている間に見ることができるラストチャンス。あまり興味のない人も、この機会に日食グラスを手に空を見上げてみてはどうだろう。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る